文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

全盲の夫婦が愛の歌コンサート!…11月21日、カップルを無料ご招待

初のエッセイ集出版を記念

image001

 松坂桃李さん主演ドラマ『全盲の僕が弁護士になった理由』(TBS)のモデルであり、原作者で弁護士の大胡田誠さんと、『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(TBS)に出演し、話題となった妻で歌手の大石亜矢子さんが、初のエッセイ集『決断。全盲のふたりが、家族をつくるとき』(11月21日発売 中央公論新社)の出版を記念してコンサートを開催します。

日時:2017年11月21日(火)午後7~8時(予定)
場所:麻布グレイスゴスペル教会 セントメアリー記念礼拝堂 港区元麻布3丁目13−10

大石亜矢子(おおいし・あやこ) ピアノと歌
 1975年生まれ。1200グラムの極低出生体重児で生まれ、保育器の高濃度の酸素によって網膜が損傷する「未熟児網膜症」により失明。筑波大学付属盲学校(筑波大学付属視覚特別支援学校)の中学部・高等部、武蔵野音楽大学声楽科を卒業。ソロによる歌唱のほか、ピアノの弾き語りによる演奏活動を行う。

大胡田誠(おおごだ・まこと) ギターと歌
 1977年生まれ。先天性緑内障により12歳で失明。筑波大学附属盲学校(現・筑波大学附属視覚特別支援学校)の中学部・高等部を卒業後、慶応義塾大学法学部を経て同大学院法務研究科(法科大学院)へと進む。8年間かけて、2006年に5回目のチャレンジで司法試験に合格。全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士になった。

※コンサートの入場申し込み方法
 (1)結婚を予定しているカップル(2)既婚のご夫婦(3)恋人同士の方の50組100人を無料でご招待します。
 代表者の「お名前、〒、住所、電話番号、メールアドレス、1~3の区分」を記載の上、下記までメールかハガキでお申し込みください。(応募締切 11月15日到着分まで)。
 抽選の上、当選の方にのみ詳細を折り返しご連絡いたします。

 ※応募いただきました方の個人情報は、賞品発送の目的以外に使用いたしません
 <ハガキ>〒100-8152 千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル19階 中央公論新社 特別編集部「決断。コンサート」係 
 <メール>ketsudan@chuko.co.jp
 <問い合わせ先の電話>03-5299-1874