文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

闘病記

一病息災

 著名人の闘病記「一病息災」、介護する家族の苦労や切実な思いを率直に語った「ケアノート」、新聞記者が自身の闘病体験をつづったコラムを集めました。病気や患者への理解を深める一助に役立ててください。

[シンガー・ソングライター EPOさん]母親からの虐待~急性ストレス障害(4)母と絶縁 幸せな日々へ

 音楽家として大きく成長したものの、母親からの嫌がらせが続いていた。それでも突き放しはしなかった。「つながりを切ることに罪悪感と葛藤がありました。やはり親ですから」転機になったのは、たまたま受けた催眠療法。施術の間、…

つづきを読む

[シンガー・ソングライター EPOさん]母親からの虐待~急性ストレス障害(3)癒やしの曲作りへ転換

 母親の異様な行動は、20代になっても続いた。留守のマンションに忍び込み、私物をチェックしたり、著名人である実の娘のありもしない作り話や、うわさを近所で流したりした。当時の作風は、毎日を前向きに楽しむ女の子の姿を、ポッ…

つづきを読む

[シンガー・ソングライター EPOさん]母親からの虐待~急性ストレス障害(2)自分責め続け 大人に

 救急搬送された病院で意識が戻ったのは2日後。「急性ストレス障害は一過性のもの。今は心を休めなさい」との医師の言葉に従い、短い休養を取った。症状は回復し、仕事に復帰したが、心の傷は癒えない。娘が暴力を振るったという母…

つづきを読む

[シンガー・ソングライター EPOさん]母親からの虐待~急性ストレス障害(1)母のウソ 壊れた自分

 19歳でデビューし、「土曜の夜はパラダイス」「う、ふ、ふ、ふ、」など、時代の空気をすくい上げたようなポップな楽曲で、大ヒットを連発した。毎日がめまぐるしく過ぎていた1987年。その日はサザンオールスターズ・桑田佳祐さ…

つづきを読む

1 / 102

カテゴリー一覧