文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

妊娠・育児・性の悩み

思春期の子どもを持つあなたに

第8部 ADHD(注意欠陥・多動性障害)(下) 祖父の威光の陰で、「いつか自分に返って来るかもしれない」と恐れと罪悪感を抱く

第7部 ADHD(注意欠如・多動症)(下) 祖父の威光の陰で、「いつか自分に返って来るかもしれない」と恐れと罪悪感を抱く

 それまで大きな問題もなく勉強や運動に取り組んできたのに、祖父の敷地内に引っ越ししたことをきっかけに、世代間の境界が混乱し、A君の家族の秩序は壊れ始めました。年齢相応の我慢や努力をせず、幼児的な欲求を通すばかりになって…

つづきを読む

第8部 ADHD(注意欠陥・多動性障害)(上) 父親を「君づけ」で呼ぶ小6男子。2世帯同居から始まった「虎の威を借る」わがままぶり

第7部 ADHD(注意欠陥・多動性障害)(上) 父親を「君づけ」で呼ぶ小6男子。2世帯同居から始まった「虎の威を借る」わがままぶり

 注意欠如・多動性障害(Attention-deficithyperactivitydisorder、ADHD)は、日頃の行動に不注意、多動性、衝動性の三つの症状が多くみられることが特徴。たとえば「忘れ物が多い」「落…

つづきを読む

第7部 ヒステリー(転換性障害)(下)「生まれてこなければよかった」と絶望する娘。母親は「すべて自分が悪い」と……

第7部 ヒステリー(転換性障害)(下)「私はお母さんの失敗作」と絶望する娘。母親は「すべて自分が悪い」と……

 まず、私がガイダンスで提案したのは、「母娘の物理的な距離を年齢相応のものに修正すること」でした。A子さんは、いつも母親と体が触れ合う距離に座っていることを望んでいました。甘えていたかと思えば、些細(ささい)なことで…

つづきを読む

第7部 ヒステリー(転換性障害)(上)原因不明の足の異変、そして不登校。母親には甘えながらも、暴言を吐き、包丁を向ける中2女子

第7部 ヒステリー(転換性障害)(上)原因不明の足の異変、そして不登校。母親には甘えながらも、暴言を吐き、包丁を向ける中2女子

 ヒステリーは身体疾患がないのに、さまざまな葛藤や欲求不満が、身体面の障害(失立失歩、失声など)として表れる。児童期・思春期以降の女性に多く見られるが、男性も発症する。ヒステリーは詐病とは違い、わざと身体症状を起こしてい…

つづきを読む

第6部 ひきこもり(上)1日のほとんどをトイレで過ごす中2男子。「ほかに安心できる場所がない」

第6部 ひきこもり(上) 1日のほとんどをトイレで過ごす中2男子。「ほかに安心できる場所がない」

 厚生労働省の定義によると、「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を「ひきこもり」と呼ぶ。ひきこもりは様々な要因が背景となって生じる症状の一つであり、…

つづきを読む

第5部 反抗挑戦性障害(下)母親と同じ布団で寝るB君――「何をしても許される」という万能感

 「ママはもっとましな男と結婚すれば良かったのに」 過去に浮気の経験があり、自分の子どもたちを平気で罵倒してきた父親と、息子の問題行動がまったく見えていない母親――。B君の両親の間には、簡単には埋められない深い溝がありま…

つづきを読む

第5部 反抗挑戦性障害(上)周囲に暴力を振るっていながら、「先生はわかってくれない……」小学6年男子

 健康な精神発達において、子どもが大人に反抗的な行動をとることはごく普通のことである。特に、親離れが始まる思春期には、それまでとは異なる自分自身を作り上げていく過程で、親や教師らに対して反発することもある。一方で、度を越…

つづきを読む

1 / 2

カテゴリー一覧