専門家からのアドバイス

  • kao_ando

    減塩食品を上手に使おう…表示内容を注意深く吟味

    北村記念クリニック 院長 安東克之さん (日本高血圧学会減塩委員会副委員長) 日本国内の食塩摂取量は世界に比べて極めて多く、減塩は高血圧の予防・治療に欠くことができません。現在の食生活においては加工食品が食塩摂取のかなり…[続きを見る]

    高血圧をコントロールしよう

  • 20170814-genen2-2-300

    賢い野菜の食べ方…食塩を取り過ぎず、カリウムを取ろう!

    自治医科大学附属病院 臨床栄養部栄養管理室長 佐藤敏子さん 5月のコラムでも紹介されましたが、カリウムには腎臓からナトリウムを排出する働きがあります。「高血圧治療ガイドライン2014」においても、減塩とともにカリウムを積…[続きを見る]

    高血圧をコントロールしよう

  • miuraphoto

    減塩では「後進国」の日本…取り組み、世界と差

    滋賀医科大学 教授 三浦克之さん日本人の食事、1950年代に比べ食塩摂取量は低下 最近は「日本食」の良さが強調されていますが、伝統的な日本食は決して良い面ばかりではありません。醤油(しょうゆ)、味噌(みそ)、漬物などの伝…[続きを見る]

    高血圧をコントロールしよう

  • 塩分チェックシート

    減塩のススメ~できることから少しずつ

    製鉄記念八幡病院院長 土橋卓也さん 高血圧の発症や重症化を予防するためには、生活習慣の修正、とくに減塩がもっとも重要です。では、具体的に何をすればいいのでしょう。高血圧の人は1日6グラムが目標 2015年の国民健康・栄養…[続きを見る]

    高血圧をコントロールしよう

  • 201705zu01eye2

    高血圧と生活習慣~あなたは何ができますか?

    製鉄記念八幡病院院長 土橋卓也さん  4月号の本コラムで高血圧の発症には遺伝的要因と環境要因が関与することを書きました。では、高血圧にならないために、すでに血圧が高い方は重症化しないために、何を心がければいいのでしょうか…[続きを見る]

    高血圧をコントロールしよう

  • 柴田顔

    朝食で体内時計のリセットを ~時間栄養学による良い睡眠のコツ~

    早稲田大学先進理工学部・柴田重信教授 睡眠のリズムには、体の二つの仕組みがかかわっている。起きて活動をしていると、脳に睡眠物質がたまってきて眠たくなるのがひとつ。もうひとつは体内時計の働き。脳の視交叉上核(しこうさじょう…[続きを見る]

    【特集】睡眠のヒント

  • tsuchihashi

    サイレントキラーの正体に迫る…高血圧ってどういう病気?

    製鉄記念八幡病院院長 土橋卓也さん 日本の高血圧人口は約4300万人と言われています。すなわち、国民の3人に1人は高血圧なのです。そもそも血圧とは何なのでしょう? 簡単にいうと、心臓から送り出された血液が血管の壁に与える…[続きを見る]

    高血圧をコントロールしよう

  • 武地 一氏

    武地 一さん(4)「認知症カフェ」って何?

    藤田保健衛生大学医学部認知症・高齢診療科教授 武地 一(たけち・はじめ)氏 自宅にこもりがちな認知症の人や家族が安心して集える場として、「認知症カフェ」と呼ばれる活動が全国に広がっています。地域住民や医療・介護の専門職ら…[続きを見る]

    認知症を理解し、予防しよう

1 / 1