トピックス

  • 経産省と東商が作成した健康経営ハンドブック

    中小企業の健康経営は…東商がアンケート調査

     東京商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、従業員が300人以下の都内の中小企業329社を対象に、健康経営の認知度や取り組む上での課題などについて、アンケート調査を行った。健康経営、認知度はまだまだ調査には176社が回…[続きを見る]

  • 渋谷ウェルネス

    健康経営の人材を育成へ…渋谷のIT企業などが新組織

     東京都内に本社がある情報技術(IT)企業など9社でつくる「渋谷ウェルネスシティ・コンソーシアム」は、新たな組織「日本健康企業推進者協会」を10月に設置し、従業員の健康対策に取り組む人材の育成などに乗り出す。協会の目玉…[続きを見る]

  • 受動喫煙シンポ

    受動喫煙防止目指し意見交換

     レストランやスポーツ競技場など公共空間での全面禁煙を目指そうという「2017年世界禁煙デー記念イベント」(日本医師会など主催)が、5月31日、東京の日本医師会館で開かれ、専門家とともに約200人の聴衆も加わり、「受動喫…[続きを見る]

  • シンポアップ

    健康と経営考えるシンポ、都内で開催

     健康経営に関するシンポジウム「『人』を最大の『資産』とする『健康経営の実現』に向け!」が25日、東京都内で開かれた=写真=。企業や健康保険組合、医療法人でつくる有志団体「健康と経営を考える会」が主催したもので、700人…[続きを見る]

  • 170516東商健康経営セミナー

    東京商工会議所で長時間労働巡るセミナー

     「働き方改革」が広く社会的な関心を集める中で、中小を中心とした企業の人事・労務担当者らが集まったセミナー「長時間労働が招く経営リスクへの備えとは~『健康経営』へ取り組もう~」(東京商工会議所主催)が16日、東京都内で開…[続きを見る]

  • 頑張りすぎないクアオルト健康ウォーキングで、散策する人たち(2016年10月、山形県上山市提供)

    自治体の注目を集める「クアオルト健康ウォーキング」

     体に負担のない、がんばり過ぎない「クアオルト(ドイツ語で健康保養地)健康ウォーキング」を住民の健康づくりに取り入れる自治体が増えている。クアオルト健康ウォーキングは、冷気や風などの現地の気候を活用して、汗を上手に揮発さ…[続きを見る]

  • 代表理事の松岡康彦さん

    中小企業のメンタルヘルス サポート組織発足…神奈川県相模原市

     中小企業でメンタルヘルスの不調者を出さない職場作りを――健康経営は中小企業でも重要ということで、企業や個人のサポートを目的に、神奈川県相模原市の企業でつくる一般社団法人「産業精神保健機構」(代表理事・松岡康彦)が発足し…[続きを見る]

  • 20170222%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e9%8a%98%e6%9f%84

    「健康経営銘柄2017」24社を選定

     経済産業省と東京証券取引所が共同で、東証上場企業の中から従業員の健康管理を経営的な視点で考え、健康経営に戦略的に取り組んでいる企業を原則1業種1社選定している「健康経営銘柄2017」の発表が21日、都内で行われた。3回…[続きを見る]

  • 東京都健康経営

    「会社の元気は従業員の健康から」…講演、討論、取り組み披露

     従業員の健康向上を通して企業価値を高めるなどの効果をもたらす「健康経営」をテーマにした「職場の健康づくり講演会会社の元気は従業員の健康から!」(東京都福祉保健局主催)が3日、東京の新宿区立区民ホールで開かれた。企業の…[続きを見る]

  • 20170123%ef%bd%8b%ef%bd%85%ef%bd%8e%ef%bd%8b%ef%bd%8f%e4%bc%81%e6%a5%ad%e4%bc%9a

    KENKO企業会 3社が独自の取り組み報告

     企業55社が参加する「KENKO企業会」の実務推進者会が17日、東京都内で開かれ、三つの企業の担当者が健康対策について発表したほか、禁煙や食事などに関する四つの分科会で、今年の新たな取り組みなどについて話し合った=写真…[続きを見る]

1 / 3