あなたの人生を本にしませんか~よみうり自分史

あなたの人生を本にしませんか~よみうり自分史のイメージ

 「誰にでも残したいことがあるはず」泉ピン子さん

読売新聞があなたの思い出を本にします

 大正、昭和、平成、そして令和…… あなたの人生の歩みを本にしませんか?
 読売新聞社は、取材力と編集力で自分史づくりをお手伝いします。文章のプロである読売新聞の記者経験者が取材・執筆するので、お客さまが文章を書く必要はありません。思い出の写真を用意して、インタビューに答えていただくだけで、記念に残る自分史が完成します。当時の報道写真や新聞紙面も掲載でき、あなたの歩みを時代とともに記録します。
 女優の泉ピン子さんも自分史「ピン子、自分と向き合ってみました」を制作しました。「誰にでも残したいことがあるはず。自分と向き合って探してみて」と勧めています。
 「私が歩んできた人生を子や孫に伝えたいけれど、語る機会がなくて……」「金婚式を迎える両親へのお祝いに贈りたい」などなど、お客さまの思いやご要望に応じ、真心を込めて制作いたします。

「興味はあるけど、どうすればいいの……」「実物を一度見てみたい」などのご質問やご相談を個別にお受けする「よみうり自分史」の相談会を開催していますので、気軽にお申し込みください。

最新情報

コーナー情報

ニュース

連載コラム・インタビュー

これまでの特集・キャンペーン