「よみうり回想サロン」記者出前レク

私もミニスカートをはきました!~千葉・茂原で出前レク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 読売新聞記者が各地(1都3県)に出向き、過去の新聞記事や写真、ニュース動画などを通して過去を振り返ってもらい、脳の活性化に役立てようという「出前レク」が15日、千葉県茂原市千代田町の同市立図書館で行われ、約20人の市民が参加しました。

昭和40年代の思い出を語り合った回想サロン(1月15日・千葉県茂原市立図書館で)

 今回のテーマは、昭和40年代。現在好評発売中のDVD「よみうり回想サロン 昭和40年代編①」を会場のスクリーンに映し出す形でクイズを出題、参加者に昭和40年代の思い出を語ってもらいました。司会は、読売新聞クロスメディア部の塩崎淳一郎記者が務めました。

 最初に昭和40年代に一世を風靡ふうびしたミニスカートの話題になり、会場の参加者から「私もはきました」という手が次々と上がりました。ある女性は「周りがみなミニだったので恥ずかしくはありませんでしたが、階段を登る際にスカートの後ろをバッグで押さえるなどの苦労はありました」と振り返りました。次いで、東京・上野動物園に初めて来たパンダの名前のクイズに移ると、年配の男性から「子供を連れて行きましたが、ほとんどパンダを見られる時間がなく、並んだ時間の長さが印象に残っています」という思い出話があり、当時のニュース動画でパンダのおりの周りを取り囲む群衆の姿が映し出されると、「こうだった、こうだった」と記憶がよみがえった様子でした。

 今回の出前レクでは、「昭和40年代のミニペーパーテスト」を実施しました。「ウルトラマンが地球上で1回で活動できる時間は?」という問題には、多くの参加者が「3分間」という正解を導き出しました。また、「昭和45年、東京の4か所で初めて歩行者天国が実施されました。銀座、新宿、池袋、あとひとつは?」という問題に対しては、圧倒的多数が4択の答えのうち、原宿と答えましたが、正解は浅草。正解を塩崎記者が告げると、ため息交じりの歓声があがりました。

 参加者の一人は「昭和40年代というと、つい最近のことのようですが、案外、記憶に残っていないものですね」と笑顔で話していました。図書館では、昭和を思い出させるDVDや写真集などを並べた机を特別に設け、興味を持った参加者に貸し出していました。

 読売新聞社は、DVD「よみうり回想サロン・昭和から平成編」を好評販売中です。「昭和20年代編①」「昭和30年代編①」「昭和40年代編①」に続く第4弾です。DVDを使ったベテラン記者の「出前レク」(有料)も受け付けています。問い合わせは、「よみうり回想サロン受付センター」(03・5226・9932)まで。(下のロゴをクリックすると「よみうり回想サロン」ご案内ページに移動します)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「よみうり回想サロン」記者出前レク