「よみうり回想サロン」記者出前レク

オイルショックで苦労、「シェー」のポーズも~~千葉で昭和40年代「出前レク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

昭和40年代の映像を見ながら、小坂記者(左)に思い出を話す参加者たち

 昔の記事や写真、映像を見ながら、読売新聞記者の進行で参加者に思い出を振り返ってもらう「出前レク」が17日、千葉市緑区の集会場で開かれました。市民団体「みどりのかふぇ」(谷元光也代表)の企画で、60~80歳代の住民40人近くが参加しました。 

 過去の記憶を呼び起こす回想は、脳を活性化させると期待されています。同団体の「出前レク」は昨年11月に続き、2回目です(1回目の記事はこちら)。この日の出前レクでは、進行役の小坂剛・医療ネットワーク事務局記者が、昭和40年代のニュースが収録されたDVD「よみうり回想サロン 昭和40年代編」を上映し、クイズを交えて参加者に思い出を問いかけました。

盛り上がった流行語コーナー

 

大流行した「シェー」のポーズ(DVD「よみうり回想サロン 昭和40年代編」より)

 当時の流行語のコーナーでは、小坂記者からの「昭和44年に丸善石油のCMで小川ローザさんが言った一言は」という質問に、女性が「(オー、)モーレツ」と応じました。「『せまい日本』に続く言葉は」という問いには、「そんなに急いでどこへ行く」と大勢が声をそろえました。

 漫画「おそ松くん」から生まれた流行語「シェー」が紹介されると、腕と脚を曲げて漫画の登場人物と同じポーズをとる参加者もいました。

 昭和48年(1973年)のオイルショックのニュースが流れると、スーパーのレジで働いていたという女性が「店員までが買い占めをしていました」と、物の確保に苦労した当時を思い起こしていました。大量の商品を抱えきれず引きずって運ぶ女性の映像が流れると、会場から笑いが起きました。

懐かしい思い出を語る参加者たち

 終了後、参加した主婦(75)は「オイルショックの時は大変でした。遠くのスーパーにトイレットペーパーが売っていると聞きつけては、子どもを乗せた乳母車を押して、買いに行きました」と話していました。

 読売新聞社は、DVD「よみうり回想サロン・昭和40年代編①」を好評発売中です。「昭和20年代編①」「昭和30年代編①」に続く第3弾です。DVDを使ったベテラン記者の「出前レク」(有料)も受け付けています。 問い合わせは、「よみうり回想サロン受付センター」(03・5226・9932)まで。(下のロゴをクリックすると「よみうり回想サロン」ご案内ページに移動します)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「よみうり回想サロン」記者出前レク

  • 「よみうり回想サロン」記者出前レク

     【PR】 DVD「よみうり回想サロン」を使った、読売新聞の記者による「出前レク」(約60分、有料)を、介護施設や病院、公民館、図書館などで実施しています。「聞き上手、話し上手」のベテラン記者が、レク…[続きを見る]

    「よみうり回想サロン」記者出前レク

  • 「大鵬」「柏戸」で相撲談議~横浜シニア大・金沢区で出前レク

     横浜市金沢区の「いきいきセンター金沢」で6月21日、よみうり回想サロンの「出前レク」が開かれました。横浜市老人クラブ連合会が主催する横浜シニア大学の一環として、西区に続いての実施です。 昭和30~…[続きを見る]

    「よみうり回想サロン」記者出前レク

  • 「ハマ」の昭和、思い出語る~~シニア大学で回想サロン

     読売新聞記者の進行で新聞記事や動画を題材に昔を回想してもらう、よみうり回想サロンの「出前レク」が6月18日、横浜市西区の野毛山荘で開かれました。横浜市老人クラブ連合会が主催する横浜シニア大学の一環で…[続きを見る]

    「よみうり回想サロン」記者出前レク