回想イベント&トピック

時間旅行で「少し若返ったよう」…レイクタウンで「回想サロン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昔の新聞記事を題材に昭和時代を振り返る「よみうり回想サロン」のイベントが12日、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで開かれました。家族で健康を考えようという「よみうりヘルスケアフェスタ」(主催・読売新聞東京本社)のイベントで、買い物客ら約30人が、昭和20年代から40年代にかけての出来事に関する「思い出クイズ」に答え、懐かしい記憶をよみがえらせていました。

 

ショッピングモールの一角で行われた「回想サロン」

 回想は、昔の思い出を語り合うことで脳を活性化し、認知症の症状の抑制にも効果が期待されています。イベントでは、DVD「よみうり回想サロン」の内容を活用。読売新聞医療ネットワーク事務局の山本淳一記者が進行役をつとめ、「昭和30年頃から人気が沸騰した『三人娘』といえば誰でしょう?」など10問のクイズと、関連する新聞記事、ニュース映像を紹介していきました。

 この中で、「昭和31年、映画『太陽の季節』でデビューしたスター俳優はだれでしょう?」という質問に多くの参加者の手が挙がり、男性(63)が「石原裕次郎」と回答し、「裕ちゃんの映画は全部見ているよ」とうれしそうな表情を浮かべました。

 「昭和33年、初めて販売された即席ラーメンは?」というクイズでは、会場から「インスタントラーメンを初めて食べたとき、これからおいしいものがどんどん食べられるようになるんだとうれしくなった」という感想も聞かれました。

 10問すべてに正解したという女性(73)は「何十年も前に戻ったような時間を過ごせ、少し若返ったような気がします」と話していました。

 

◇◇◇

 読売新聞社は、DVD「よみうり回想サロン・昭和20年代編①」を好評販売中。9月18日には第2弾「昭和30年代編①」を発売しました。これらのDVDを使ったベテラン記者の「出前レクリエーション(レク)」(有料)も受け付けています。問い合わせは、「よみうり回想サロン受付センター」(03・5226・9932)まで。(下のロゴをクリックすると「よみうり回想サロン」ご案内ページに移動します)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

回想イベント&トピック