回想ニュース

図書館も注目、DVDで「回想」体験…神奈川県大和市立図書館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 図書館の職員が読売新聞制作のDVD「よみうり回想サロン」を使って、高齢者らに「回想」を体験してもらう催しが9月29日、神奈川県大和市立図書館で開かれました。

 昔の思い出を語り合う回想は、脳を活性化し、認知症の症状の抑制にも効果が期待されています。DVDは、過去の読売新聞の記事や写真、ニュース映像で構成されていて、気軽に回想を体験することができます。

  大和市は「健康都市」の実現を掲げており、この図書館では、健康に特化したフロア「健康コーナー&健康テラス」に血圧や骨密度などの測定スペースを設け、体操や健康法などのイベントを日々行っています。今回の催しは、回想の効果に関心を持った同図書館が、気軽に回想を体験できるDVD「よみうり回想サロン」に注目した初めての取り組みです。

図書館ならでは、蔵書を回想ツールに活用

石原裕次郎の本を紹介しながら、場を盛り上げる杉本さん(中央)

当時の新聞記事も配られ、参加者たちは懐かしそうに見入っていました

 この日は、9月に発売されたばかりの「昭和30年代編」を使って、「午前の部」は読売新聞の記者が、「午後の部」は図書館スタッフが回想の実演を行いました。スタッフで進行役を務めたのは、健康コーナー担当の杉本利恵さん(58)。杉本さんは、DVDを上映しながら、「昭和30年頃から人気が沸騰した『三人娘』は誰?」と 出題。答え合わせをした後、参加した高齢者の皆さんが、「お富さん」(春日八郎)、「白い花の咲く頃」(岡本敦郎)など、子どもの頃や若い頃に流行した歌を発表しました。

 また、当時の「フラフープ流行」の記事を紹介すると、「わぁっ」と歓声が上がりました。実際にフラフープで遊んだ人が多く、「得意だった」「お母さんが買ってきてくれた」などと口々に思い出を話していました。

 さらに、図書館の蔵書から、当時のスター俳優・石原裕次郎の写真が表紙の本や、昭和30年代ファッションを特集した本を紹介。回想のツールに活用して、図書館員ならではの工夫で、参加者の「記憶の引き出し」を開けていきました。

 「子どもの頃の遊び」を語り合う場面では、「雪国で育ったので、そりを手作りした」「夏は天竜川で泳いだ」など、参加者が思い出話に花を咲かせました。

 杉本さんは「DVDの流れに沿って問いかけていけば、皆さんに回想を楽しんでもらえることが実感できました」と手ごたえを感じていました。

 参加した同市内の無職男性(76)は「映像を見ながら、子ども時代から順を追って思い出すことができて楽しかった」と懐かしそうに話していました。

 来嶋芙実きじまふみ館長は「昔の話題で会話が弾み、表情がほぐれていくのが印象的でした」と感想を話していました。今後、地域の昔の話題も取り入れながら、回想の催しを定例化することを検討していくそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

回想ニュース