高血圧をコントロールしよう

減塩が日本を救う~地域でつくる減塩社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

日下医院 院長 日下美穂さん
(日本高血圧学会減塩委員会委員)

 今では誰もが、減塩が体に良いことを知っています。しかし、驚くなかれ、国内で普通に市販されている加工食品を普通に買って普通に食べると塩分過剰になるのです。

 日本高血圧学会は一日の食塩摂取量を6グラム未満と推奨していますが、悲しいかな、日本人の食塩摂取量は、今でも平均10~11グラムで、塩分過剰な状態です。この塩分過剰によって、国民病ともいわれる高血圧を引き起こし、脳卒中から寝たきりになったり、その他の病気に深く影響を及ぼしたりします。

 健康寿命は伸び悩み、労働力は減少し、莫大ばくだいな医療費や介護費がかかると、少子高齢化による経済危機を招きかねません。減塩は日本人の多くに必要な課題です。でも、子どものころからの食習慣を変えるには、個人の努力には限界があり、結局、誰もが容易に減塩できる社会をつくることが大切です。

 減塩を国策にした英国に比べ、日本はまだ「減塩後進国」です。そこで私たちは、地元の広島県呉市で、地域に減塩を根付かせるために活動を始めました。減塩で低カロリーのおいしい料理を提供する「こだわりのヘルシーグルメダイエットレストランin呉」プロジェクト(http://healthy-lunch-kure.com/)を立ち上げたのが始まりです。

レストランでおいしい減塩食

 この「こだわりのヘルシーグルメダイエットレストラン」プロジェクトでは、2008年から実際においしい減塩料理を体験できるようにシェフと栄養士が考案した、家庭でも応用できるメニューを、町のレストランで普通に注文できる仕組みを作ったのです。一食分の食塩相当量は、2.6グラム以下、600キロ・カロリー以下が目安です。

 現在、このプロジェクトには、呉市のほか、広島市や近郊にも広がり、和・洋食レストランや、ラーメン店、お好み焼き店、病院、社員食堂、宅配、スーパーマーケットなど50店以上が参加しています。医師会や有志の栄養士、飲食店、タウン誌などのさまざまな組織の方々に協力してもらっています。

世界初の減塩サミットを開催

 第2にこの活動を基盤に、子どもから大人まで広く減塩を啓発するために減塩に特化して学習、体験するイベントを盛り込んだ世界初の「減塩サミットin呉2012」を開催しました。全国から8000人の参加者があり、呉市民の減塩意識も向上しました。

簡単検査で食塩摂取量がわかる

 第3に、減塩サミットの翌13年から、同市の医師会では、かかりつけ医が患者の尿を検査して推定食塩摂取量を計測し始めました。自分の医院でも検査した患者さんには、検査結果の記録を「塩分成績表」として渡し、減塩のやる気スイッチを入れるようにしています。

 さらに同市では、特定健診の検査項目に、この検査を追加したので、健診を受けた市民は食塩摂取量が一目瞭然でわかるようになりました。画期的なことだと思います。

塩分成績表

塩分成績表

子どものころからの減塩教育が大切

 これらの取り組みが奏功し、第4の取り組みとして、子どもの減塩についての理解が広がりました。13年、同市の小学校の学校給食が減塩になったのです。子どもの未来を考えるのは、大人の責任でもあります。子どもの頃から減塩の食事に慣れておくと、それが生涯の味となって身につき、生活習慣病から身を守ることにつながるのです。

 今年10月、松山市で開かれた日本高血圧学会総会で、若い会員の親子が参加して子どもに減塩の大切さを知ってもらうイベント「キッズ・クッキングショー」を実験的に開きました。こういった子ども向けの減塩イベントが、全国各地で広がることを期待しています。

kidsshow

減塩社会をつくる

 さらに、塩を意識するという活動をソルコンクラブ(Salt-Conscious Club)と命名して始めました。レストランだけでなく、地域のパン屋さんが減塩したパンを販売する、コンビニの店内に減塩コーナーを開設する、スーパーマーケットが減塩の総菜を販売するなど、減塩しやすい社会をつくる活動を広げています。

 日本高血圧学会減塩委員会では、減塩食品リストを公開しています。上手に使いながら減塩してください。中には、ナトリウムをカリウムに代替している食品もあるので、腎臓病の人はカリウムの量に注意してください。

 食は文化です。減塩を日本の食文化に根付かせましょう。

kusaka_photo150【プロフィル】日下医院 院長 日下美穂(くさか みほ)さん
1980年、独協医科大学卒業。済生会広島病院循環器内科医長などを経て、94年に広島県呉市で日下医院を開院。日本高血圧学会減塩委員会委員、「こだわりのヘルシーグルメダイエットレストランin呉」プロジェクト(http://healthy-lunch-kure.com/)代表。世界初の「減塩サミットin呉2012」を開催し、代表を務める。2017年10月、広島県食育推進功労者として表彰された。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

インタビュー/コラム

  • kusaka_photo400

    減塩が日本を救う~地域でつくる減塩社会

     日下医院院長日下美穂さん(日本高血圧学会減塩委員会委員)今では誰もが、減塩が体に良いことを知っています。しかし、驚くなかれ、国内で普通に市販されている加工食品を普通に買って普通に食べると塩分過剰になるのです。…[続きを見る]

    インタビュー/コラム

  • washoku_400

    和食文化の継承と減塩~おいしく・楽しく・健康的に

     奈良女子大学特任教授早渕仁美さん「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本の伝統的な食文化を見直し、継承しようという機運が高まっています。日本は世界から注目される長寿国ですが、平均寿命と健康寿命には10年ほどの…[続きを見る]

    インタビュー/コラム

  • kao_ando

    減塩食品を上手に使おう…表示内容を注意深く吟味

     北村記念クリニック院長安東克之さん(日本高血圧学会減塩委員会副委員長)日本国内の食塩摂取量は世界に比べて極めて多く、減塩は高血圧の予防・治療に欠くことができません。現在の食生活においては加工食品が食塩摂取のかなり…[続きを見る]

    インタビュー/コラム