高血圧をコントロールしよう

和食文化の継承と減塩~おいしく・楽しく・健康的に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

奈良女子大学 特任教授 早渕仁美さん

 「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本の伝統的な食文化を見直し、継承しようという機運が高まっています。日本は世界から注目される長寿国ですが、平均寿命と健康寿命には10年ほどの開きがあります。肥満は少ないものの、国民の3人に1人は高血圧で、脳卒中や心臓病、認知症など要介護の原因となる病気が多くなっています。国際的にも、緊急に対応すべき最優先課題としてタバコに次ぐ2番目に「減塩」が挙げられるなど、減塩対策が極めて重要視されています。そこで、継承したい健康的な「和食」について考えてみましょう。

栄養バランスに優れた和食とは?

 栄養バランスが良いと言われる「一汁三菜」の和食は、「汁」「焼き物(主菜)」「煮物(副菜)」「 え物(副々菜)」の副食(おかず)が、主食の「ご飯」と一緒に一つのお膳に載る程度の食事です。典型的な一汁三菜和食の栄養価(図1)は、確かに低脂肪・低エネルギーで食物繊維が多く、日本人の食事摂取基準2015年版でみると栄養バランスは適正です。ただ、食塩相当量が多く、カルシウムが少ないということがわかります。

 日本人の食事摂取基準2015年版では、エネルギー源となっている栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物(アルコール含む)が、総エネルギー摂取量に占める割合のことを、「エネルギー産生栄養素バランス」といい、単位は「%エネルギー」で表しています。

図1

一汁三菜における「ご飯」と「汁物」の意義

 近年ご飯を食べる量が減り、おかずが増え、朝・昼食にパンやパスタ・麺類を る人が多くなっています。そのような食事の栄養価を分析してみました(図2)。

図2

主食抜き(おかず食)とパン食は摂取食塩濃度を高める!?

 炭水化物源のご飯(主食)を食べないと、エネルギーが低くなり、たんぱく質と脂質に由来するエネルギーの割合が高くなりますので、エネルギー産生栄養素バランスが偏ってしまいます。

 この献立にパン食は合いませんが、もしご飯をロールパンにすると、たんぱく質と脂質の%エネルギーが高くなるだけでなく、食塩相当量が1グラムも増えてしまいます。「パン食(洋食)にして減塩!」と思ったら、大間違いです。

 一方、食塩相当量を1000キロカロリー当たりの値で比較すると、基本の一汁三菜(和食)は10.7グラム、ご飯抜きは19.2グラム、パン食は12.4グラムです。国民健康栄養調査結果(2016年)では、成人1日当たりの平均食塩摂取量は男性10.8グラム、女性9.2グラムで男性の方が多いのですが、1000キロカロリー当たり摂取量でみると、男女逆転して女性の方が多くなります(図3)。女性は男性に比べ穀類摂取が少なく、バランス的に無塩の主食(ご飯)より調味された副食(おかず)の方が多いためと考えられます。

図3

具だくさんの汁物で減塩!

 「汁物は塩分の摂りすぎにつながる」と、汁物を控えるように指導されることがあります。しかし、同じ材料でも、図4のようにメインの炒め物を、具がたくさん入った豚汁にすると、食塩相当量が少なくなり、低脂肪で低エネルギーになります。具材からうま味やコクが出るので、みそやしょうゆなどが少量でもおいしくなり、油を使わずに済むからです。副食に追加されるみそ汁やお吸い物の塩分は、食塩相当量を増やすことになりますが、副食としての汁物料理であれば、最小限の塩分で、具材からのうま味やコクによって満足感を得ることができます。高齢者を始め、唾液の量が少ない人にはお勧めです。

図4

減塩のコツを伝授すると……

1.食材の持ち味を生かす!

  • 素材の持ち味やダシのうま味
  • 酢やレモンなど 柑橘かんきつ 類の酸味
  • 香辛料( 胡椒こしょう 、カレー粉など)や香味野菜( 生姜しょうが 、大葉、ニンニクなど)の香りと風味
  • 種実類(ゴマ、ナッツなど)の香ばしさや食感
  • ごま油やオリーブ油、バターなどの油脂風味
  • 牛乳やヨーグルト、チーズなど乳製品のコクや塩分
  • 加工食品の塩分や風味

 上記、食材の特徴を生かして味付けをすれば、塩分控えめでもおいしい料理になります。

2.適度な焦げや切り方、加熱法、提供の仕方で!

 表面をサッと あぶ った焦げの風味や食感、うま味を逃がさない切り方、あるいはダシのうま味を十分含ませる下ごしらえや加熱方法、適度な温度で提供するなどによって、上記の食材の持ち味をさらに引き立てることができます。

3.食塩は食材の表面に!

 おにぎりに加える食塩はご飯に混ぜ込まず表面にふる、味ご飯は炊き込みではなく、白飯に調味した具を混ぜるなど、料理表面にある塩分は少量でも感じやすく、減塩効果大です。

4.おいしい減塩調味料を活用!

 最近は、おいしい減塩調味料や加工食品が増えています。前回のコラム でも紹介されたように、日本高血圧学会のホームページには、安心してご利用いただける 減塩食品リスト が掲載されています。

献立と調理の工夫でおいしく減塩

 図1の一汁三菜和食の栄養バランスのまま、おいしい減塩和食に変えてみましょう。塩 ざけ を生鮭に替えて、臭みを消しうま味を引き出す程度の塩をふり、野菜と一緒に酒蒸しにして、ポン酢しょうゆをかけます。

 筑前煮とみそ汁を一緒にして、具だくさんのみそ汁にすると、少量のみそでも十分おいしくなり、食塩相当量は2.5gに抑えられます。しょうゆやみそを減塩にすると、おいしさそのままで、さらに1.7gにまで減らすことができます。

 フルーツヨーグルトでカルシウムが増え、エネルギー産生栄養素バランスはすべて適正範囲になります(図5)。

図5

 このように、献立と調理の工夫に加えて減塩調味料を上手に利用すれば、おいしさを損なうことなく、ご飯と汁中心の和定食でも健康的な低食塩食になり、子どもから高齢者まで安心して食べることができます。そして何より、楽しく味わって食べることが健康づくりの鍵です。

hayabuchi-150

【プロフィル】奈良女子大学生活環境学部食物栄養学科 特任教授 早渕仁美(はやぶち ひとみ)さん
1980年、九州大学大学院医学研究科博士課程修了。佐賀大学教育学部講師、福岡女子大学大学院教授を経て、2017年9月から現職。専門は実践栄養学。日本健康栄養システム学会理事、日本食育学会常任理事、日本栄養学教育学会理事などのほか、日本高血圧学会減塩委員会委員も務めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

インタビュー/コラム

  • kusaka_photo400

    減塩が日本を救う~地域でつくる減塩社会

     日下医院院長日下美穂さん(日本高血圧学会減塩委員会委員)今では誰もが、減塩が体に良いことを知っています。しかし、驚くなかれ、国内で普通に市販されている加工食品を普通に買って普通に食べると塩分過剰になるのです。…[続きを見る]

    インタビュー/コラム

  • washoku_400

    和食文化の継承と減塩~おいしく・楽しく・健康的に

     奈良女子大学特任教授早渕仁美さん「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本の伝統的な食文化を見直し、継承しようという機運が高まっています。日本は世界から注目される長寿国ですが、平均寿命と健康寿命には10年ほどの…[続きを見る]

    インタビュー/コラム

  • kao_ando

    減塩食品を上手に使おう…表示内容を注意深く吟味

     北村記念クリニック院長安東克之さん(日本高血圧学会減塩委員会副委員長)日本国内の食塩摂取量は世界に比べて極めて多く、減塩は高血圧の予防・治療に欠くことができません。現在の食生活においては加工食品が食塩摂取のかなり…[続きを見る]

    インタビュー/コラム