私のエイジングデザイン

<更年期>不調はなぜ起こるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「更年期」にさまざまな不調が起こるのはなぜなのか。今回も日本女性医学学会理事長で、福島県立医科大ふくしま子ども・女性医療支援センター長の水沼英樹さんに、脳と卵巣の関係を通して不調の原因について解説してもらった。

ai37

Q.「更年期」には、なぜ、いろんな不調が起こるの? それに、閉経にはまだ早い私たち30歳代にも、「もしかして更年期?」と感じる不調があるんですけど、どうして?

女性ホルモンの乱れが自律神経にも影響

 更年期の不調は、女性ホルモンを分泌する卵巣と、その分泌を指令する脳の連携が乱れることで起きていると考えられています。もちろん、医学的には、まだ分からないこともありますけどね。

 まず、女性ホルモンが分泌される仕組みを見てみましょう。

 脳の中枢にある「視床下部」というところは、ホルモン分泌の司令塔の役割を担っています。ここから「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」が放出されて、すぐ下にある「下垂体」を刺激します。下垂体は、この刺激によって「性腺刺激ホルモン」を分泌します。性腺刺激ホルモンには、「卵胞刺激ホルモン(FSH)」と「黄体形成ホルモン(LH)」がありますが、ここでは卵胞刺激ホルモンを例にして説明を進めましょう。

 下垂体から分泌された卵胞刺激ホルモンは、血流に乗って卵巣に運ばれ、「エストロゲンを出してください」と指令します。すると、卵巣がエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌します。十分に分泌されると、脳にその状態が伝えられ、脳が「濃度が高くなったから指令をおさえよう」などと判断し、分泌量などを調整するのです。

kaibou_3_0711v_ver3

 ところが、更年期には、卵巣の働きが低下し、女性ホルモンを十分に分泌できなくなってきます。そのため、脳はそれをカバーしようと「もっとエストロゲンを出して!」と、これまで以上に強く指令します。しかし、更年期の卵巣はその指令に対して十分に反応する力がないので、エストロゲン分泌は低い状態が続きます。そのため、脳の中枢は働きすぎてオーバーヒートしてしまい、混乱を起こしてきます。

 実は、ホルモンの司令塔である視床下部は、内臓や血管、生殖機能などを調節している自律神経系の司令塔でもあるのです。そのため、ホルモン系の混乱が自律神経にも影響を与え、例えば、突然血管を拡張させてしまったりすると、顔がボーッとほてってしまう、といった自律神経失調症状が表れてきます。これが、いわゆる更年期症状なのです。

月経周期が短くなれば、エストロゲン減少のサイン

愛:卵巣の働きが悪くなってエストロゲンが出せなくなることで、司令塔である脳が混乱し、自律神経が乱れて症状がでる――それが更年期症状の正体だったのですね!

 そう言えますね。

愛:確か前回、月経の変化が卵巣の働きの状態を反映していると聞きましたが、年齢を重ねていくと月経はどんな風に変化して、閉経するんですか?

 閉経の仕方も人それぞれですが、多くの場合は、まず月経周期が短くなってきます。
 例えば、それまで28日周期で順調だった月経が、25日とか23日とかの周期で早く来るようになると、エストロゲンが減り始めたサインとも言えるでしょう。経血量が少なくなったり突然多くなったり、月経の期間がダラダラ長く続いたりと、不規則にもなります。

 この段階ではまだ排卵していますが、卵巣の働きが低下してきて、月経周期のうち黄体期(排卵後の、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を増殖させる時期)を長く維持できなくなり、周期が早まるのです。

 やがて、排卵する力がなくなってきて、今度は逆に周期は2、3か月と長くなっていきます。そして1年以上月経がなくなったところで「閉経」とみなされます。
 一方で、それまで順調だった月経が突然ぱったりなくなって閉経する人も、少ないですがいるようです。

愛:私たち30歳代でも、生理が不規則になって体調も悪い時、「更年期かも…」と不安を感じることがあるんですけど。

 確かに、更年期にはまだ早い女性の中にも、生理不順や疲れやすい、イライラするなどの不調が表れて、「更年期かも」と不安に感じている人は意外に多いようですね。

 月経周期の乱れが更年期の一つのサインとお話ししましたが、30歳代や40歳代前半といったアラフォー女性の生理不順には、二つの原因が考えられます。

 一つは、閉経年齢には個人差があるので、30歳代後半や40歳代前半であっても、卵巣機能が低下し始めている場合です。月経周期が乱れ、基礎体温をつけると高温期がないと排卵が起こってない可能性が高く、卵巣の働きが低下してきた一つのサインです。更年期の初期の症状には、「ふわふわする」「めまいがする」といった訴えをよく聞きます。

 実は、卵巣機能が低下してエストロゲンの分泌が減少するといっても、一直線で減っていくわけではありません。例えば、平均的な閉経のパターンでは、40歳代半ばから減ったり戻ったりと乱高下を繰り返し、40歳代後半になって急激にストンと減少します。その少し前のアラフォーの時期でも、小さな揺れがあって、それを敏感に感じ取って不調が表れているという見方もあります。

 アラフォー女性に生理不順や不調が表れるもう一つの原因は、極端なダイエットや強いストレス、過労などによりホルモン分泌のバランスが崩れてしまう場合です。脳と卵巣の連携がうまくいかなくなり、卵巣機能に問題はなくても月経が乱れてしまうことがあるのです。背景にストレスがあるので、疲れやすい、めまいや頭痛、イライラや落ち込みといった心身の不調も起こりやすくなります。

 30歳代での不調には、このタイプが比較的多くみられます。「生理がないからラクでいいや」と放っておく人もいるようですが、それは厳禁。無月経の時期が何か月も続くと、不妊や将来の健康問題につながりますので、婦人科できちんと診てもらいましょう。

(本田麻由美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オンナのカラダ Q&A