私のエイジングデザイン

女性ホルモンを知ろう(上)イライラや肌トラブルも女性ホルモンの乱れから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 女性の身体と心の健康は、女性ホルモンの変化に大きな影響を受けています。また、仕事でのキャリア形成や、結婚、出産・育児、介護といったライフイベントのタイミングにも、女性ホルモンの変化の時期が重なっています。
 このコーナーでは、20歳代~50歳代の働く女性4人が、それぞれのライフステージで抱える女性のカラダの悩みを本音で語り合い、正しい医療情報を得ながら、どのように「エイジングデザイン」をしていけばいいのか考えていきます。(本田麻由美)

ライフステージごとに抱える女性の悩みとは

 とある企業のカフェスペース。職場のプロジェクトチームの女性4人――美咲(28)、愛(37)、智子(46)、恵子(51)――が、ランチ後のコーヒーを飲んでいると、智子がフーッとため息交じりに話し始めた。

QApeople640

智子:最近、すごく疲れやすくて困るの。なのに、ぐっすり眠れなくて、仕事にも集中できない感じ。生理も乱れがちだからかなぁ。イライラしちゃって、この前なんか、部長のオヤジギャグにムカッときて、にらみつけちゃったわよ。

美咲:仕事大好き人間の智子センパイでも、そんなことがあるんですね。でも、センパイの部署の部長さん、ウケ狙いが寒いのは確かです! 私も実は生理不順で、月経痛がひどい時にはイスから立ち上がるのも大変なんです。肌荒れして化粧ののりも悪くなっちゃうし……、これって女性ホルモンの乱れっていうやつですか? ホント、嫌ですよね。

愛 :美咲はまだ20歳代でお肌もツヤツヤじゃない! 智子センパイの不調は美咲と違って、もしかして……、「お年頃」なんじゃないんですか?

智子:それって「更年期」っていうこと? でも、よく聞くホットフラッシュはまだないわよ。ほてったり汗かいたりするっていうでしょ? 恵子センパイは、どうでした?

恵子:なによ、年上なのは確かだけど、いきなりこっちに振らないでよ(笑)。実は、1~2年前からホットフラッシュがたまにあるのよ。智子の不調って、年齢的にも更年期の入り口じゃないのかなと思うけど、あまり長く続くようだったら、一度婦人科を受診しておくのもいいんじゃない? 病気が隠れている可能性もあるって聞くし。それに美咲だって、ひどい月経痛や生理不順を放っておくと、妊娠しにくくなる場合もあるんだから注意しないと!

美咲:えー! でも、婦人科って何だか敷居が高くて……。

恵子:じゃあ、はじめの一歩として、会社の健康ルームのセミナーを聞きに行かない? 専門の医師や相談員さんたちが、それぞれの年齢層ごとの女性の健康と女性ホルモンの関係について話をしてくれるんだって。私の場合は、最近めまいがあったりして、それが更年期のせいなのか、何かの病気なのか、分からないから心配で。女性が年代ごとに気をつける症状や病気について、相談してみたいのよ。

智子:まだ先の話だと思っていたけど、更年期っていつから始まるとか、どんな症状があるとか、あまり知らないなぁ。何か対処法があるのかも聞いておきたいわ。

愛 :私も行こうかな。妊娠・出産のことも気になるし、美容にも関係するって聞くしね。女性ホルモンのこと、正しく知っておくのもいいですよね。

女性ホルモンを知ることは、生き方を考えること

 「女性の生涯は、女性ホルモン(エストロゲン)の変化に応じて、幼年・少女期から思春期・性成熟期・更年期・老年期と、女性特有のライフステージに分かれています」

 こう切り出すのは、日本女性医学学会理事長で、福島県立医科大ふくしま子ども・女性医療支援センター長の水沼英樹医師だ。

 例えば、40歳代後半から50歳代にかけて訪れる「更年期」では、卵巣から分泌されるエストロゲンがガクンと減ることで、様々な更年期症状が表れる。その後に閉経し、エストロゲンが欠乏すると、動脈硬化や高血圧、骨がもろくなる骨粗しょう症などを引き起こし、その後の生活の質に影響を与えることが分かってきた。一方、10歳代の思春期や20~30歳代の性成熟期には、月経異常や無月経など将来の妊娠・出産に影響を及ぼす問題があるほか、子宮内膜症など女性ホルモンが大きく関係する病気もある。

 「一生を通して、女性の健康や病気は、女性ホルモンと密接な関係があります。だから、若いうちから女性ホルモンの働きと役割を知り、自分の今の状態が将来どんな病気や体の変化につながるのかを理解することで、病気などの予防にもつなげられます。働き方から美容や妊活、更年期とその後の長寿時代の健康維持まで、女性自身が自分の生き方を考えていくにも、女性ホルモンのことを知ることが重要になっています」

QAlifestage_L640

 それでは、それぞれのライフステージにおいて、女性の健康や美容と女性ホルモンがどのように関わっているのか、具体的にみていこう。

 (続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オンナのカラダ Q&A