高血圧をコントロールしよう

サイレントキラーの正体に迫る…高血圧ってどういう病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
製鉄記念八幡病院院長 土橋卓也さん

 日本の高血圧人口は約4300万人と言われています。すなわち、国民の3人に1人は高血圧なのです。そもそも血圧とは何なのでしょう? 簡単にいうと、心臓から送り出された血液が血管の壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して全身に血液を送り出した時の血圧を「収縮期血圧」(または最大血圧、上の血圧)、心臓が弛緩しかんして全身から返ってくる血液を受け入れている時の血圧を「拡張期血圧」(または最小血圧、下の血圧)と呼んでいます。

 血圧の単位は水銀柱の高さで表し、mmHg(ミリメートル水銀柱)と表記します。病院や健診で測った血圧(診察室血圧)が収縮期140mmHg以上または拡張期90mmHg以上の場合、高血圧と診断されます。最近では多くの方が家庭血圧計を持っておられますが、家庭で測定した血圧の場合は、収縮期135mmHg以上または拡張期85mmHg以上だと、高血圧と診断します。

血圧の測り方1替え

  収縮期血圧は加齢に伴い上昇しますが、拡張期血圧は60歳代をピークとして、次第に下降することが知られています。すなわち、収縮期血圧のみが高く(140mmHg以上)、拡張期血圧は低い(90mmHg未満)高血圧は「収縮期高血圧」と呼ばれ、高齢者に多く、動脈硬化を反映した状態と考えられています。例えば150/70mmHgのような場合、「上の血圧は高いけれど、下の血圧は低いから大丈夫」というわけではありません。上も下も基準値未満であることが大切なのです。

  「血圧を測ると、いつも違う数値が出るのでどれが正しいか分からない」とよく言われます。私たちの心臓は1日に何回拍動しているか考えてみましょう。もし、脈拍数(心拍数)が1分間に60だとすると、心臓は1日に60(回)×60(分)×24(時間)=8万6400回拍動を繰り返していますので、同じ数だけ血圧値も存在することになります。したがって何回か続けて測っても、全く同じ数値が出ることは少ないわけです。血圧値の一つ一つに一喜一憂する必要はなく、朝(起床後、排尿後、食事前、服薬前)と夜(就寝前)に各2回測定すれば結構です。自宅で測ると正常なのに、病院や健診の場面では血圧が高くなってしまうことを「白衣高血圧」と言います。

家庭血圧を測定し「仮面」を検出

 また、白衣高血圧とは反対に、診察室での血圧は正常なのに、家庭では高血圧を示す「仮面高血圧」という人も少なからずいることが分かってきました。診察室より家庭での血圧が高くなる原因については、血圧を測定するときの安静度が不十分である可能性、測定前の喫煙の影響、病院で測定することの安心感などが考えられています。この仮面高血圧は降圧薬を服用している人に多く、「薬の効果が切れかかっている状態」を反映している可能性もあります。病院で測定した血圧が正常でも、家庭で測定した血圧が高ければ治療は不十分だと考えなければなりません。

血圧の測り方全体

 何しろ病院で測定する血圧は良好なのですから、家庭で血圧を測定しない限り、医師も仮面高血圧と診断することはできません。仮面高血圧は、脳卒中などのリスクが高いことが分かっています。家庭血圧を測定することのもっとも大事な点は、仮面高血圧の検出にあると言えます。

発症のメカニズムとリスク

 では、どうして血圧は高くなるのでしょう?

  高血圧の発症には遺伝的要因と環境要因が関与します。たとえば両親や兄弟、姉妹に高血圧の人がいる場合、高血圧の遺伝的素因があると考えられます。これらの方に食塩の取りすぎや肥満、運動不足、飲酒、ストレスなど様々な環境要因が加わった時、高血圧を発症してくるのです。

 このように遺伝的要因に環境要因が加わって発症する高血圧を「本態性高血圧」と呼びます。多くの方がこれに該当しますが、約1割の方には副腎の腫瘍や腎動脈の狭窄きょうさくなど血圧が上昇する明らかな原因が別にあり、「二次性高血圧」と呼ばれます。

 健診で血圧が高いと言われても、「別にどうもないし……」とよく言われます。しかし、高血圧は放置すると心血管病を起こすことから、「サイレントキラー(沈黙の殺人者)」とも呼ばれる怖い病気なのです。

 高血圧がリスクとなる心血管病には、脳卒中(脳出血、脳梗塞)や虚血性心臓病(狭心症、心筋梗塞)、腎不全、大動脈りゅうなどがあります。また中高年期の高血圧は、認知症のリスクとなることも分かっています。日本は世界有数の長寿国ですが、要介護期間が男性で9年、女性で12年あることが報告されています。要介護の原因となる脳卒中や心臓病、認知症を予防し、「最後の10年が最高の10年」となるよう健康寿命を延ばすために高血圧の治療は重要なのです。

【プロフィル】製鉄記念八幡病院(北九州市)院長、理事長  土橋卓也(つちはし たくや) さん 1980年九州大学医学部卒業、高血圧専攻。米国クリーブランドクリニック留学を経て、2003年九州医療センター高血圧内科科長、九州大学医学部臨床教授。14年1月、製鉄記念八幡病院副院長、高血圧センター長。15年4月から現職。日本高血圧学会減塩委員会委員長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

インタビュー/コラム

  • kusaka_photo400

    減塩が日本を救う~地域でつくる減塩社会

     日下医院院長日下美穂さん(日本高血圧学会減塩委員会委員)今では誰もが、減塩が体に良いことを知っています。しかし、驚くなかれ、国内で普通に市販されている加工食品を普通に買って普通に食べると塩分過剰になるのです。…[続きを見る]

    インタビュー/コラム

  • washoku_400

    和食文化の継承と減塩~おいしく・楽しく・健康的に

     奈良女子大学特任教授早渕仁美さん「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本の伝統的な食文化を見直し、継承しようという機運が高まっています。日本は世界から注目される長寿国ですが、平均寿命と健康寿命には10年ほどの…[続きを見る]

    インタビュー/コラム

  • kao_ando

    減塩食品を上手に使おう…表示内容を注意深く吟味

     北村記念クリニック院長安東克之さん(日本高血圧学会減塩委員会副委員長)日本国内の食塩摂取量は世界に比べて極めて多く、減塩は高血圧の予防・治療に欠くことができません。現在の食生活においては加工食品が食塩摂取のかなり…[続きを見る]

    インタビュー/コラム