【特集】オトナのスポーツテスト2016

走って跳んだ900人!スポーツテスト報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  今の体力を測定して健康づくりに役立てようと、900人の参加者でにぎわった「オトナのスポーツテスト2016」(読売新聞社主催)。一部の種目に挑戦した40歳代後半の記者の体験も踏まえながら、当日の様子を紹介する。(医療ネットワーク事務局 山本淳一)

オープニングイベント

準備体操を実演する佐藤弘道さん(中央)と田中理恵さん(左)ら

準備体操を実演する佐藤弘道さん(中央)と田中理恵さん(左)ら

 スポーツテストの前には、十分に準備体操を行うことが大切だ。オープニングでは、ゲストで日本体育大学出身の「体操のお兄さん」佐藤弘道さんがウォーミングアップの方法を実演しながら解説。続いて佐藤さんと、同大学出身でロンドン五輪体操で活躍した田中理恵さんが大学オリジナルの「日体体操」を紹介した。参加者たちは大きな声を出しながら、音楽に合わせて体を動かした。足を伸ばす体操では、バランスを崩して思わず後ろに転がる人も。佐藤さんは「屈伸運動はつま先からかかとまで床に着ける」「首を回すときは、めまい防止のため目を開ける」など、準備運動のポイントをアドバイスしていた。

握力

測定器を握り締めて握力を測る人たち

測定器を握り締めて握力を測る人たち

 日常生活でもよく使う筋力を測定する代表的な種目とされる。左右の手で交互に2回ずつ計測器を握り、それぞれ良かった方の数値を平均して記録を出す。力を込めて測定器を握りながら顔を真っ赤にしていた人や、数値を互いに比べ合う力自慢の人も多かった。男性の平均は43.4キロ・グラム、女性は27.3キロ・グラムだった。

上体起こし

測定スタッフに足を押さえてもらい、上体起こしにトライする人たち

測定スタッフに足を押さえてもらい、上体起こしにトライする人たち

 あおむけになって胸の前で腕を組み、上半身を起こして、両肘が何回両膝に着くかを計測する。いわゆる腹筋運動だ。測定スタッフ(日本体育大学の学生)にしっかりと足を押さえてもらい、測定スタート。回数を数えるだけではなく、応援してくれるスタッフも。中には大勢のスタッフに囲まれて「頑張れ!」と声援を受ける人もいた。男性の平均は26.9回で、ほぼ1秒に1回のペース、女性は19.3回だった。

長座体前屈

長座体前屈にトライする人たち

長座体前屈にトライする人たち

 長座(床に座った状態で両脚をまっすぐに伸ばした座り方)で柔軟性を測るテスト。壁に背中とお尻をぴったりとつけ、そこから前屈して測定器を両手で前に押す。測定器が動いた距離を測り、2回計測して良い方の記録を取る。男性の平均は40.2センチ、女性は40.6センチだった。日頃から運動不足の記者だが、この種目だけは44センチを記録し、唯一、平均を上回った。

反復横跳び

リズム良く反復横跳びにトライする人たち

リズム良く反復横跳びにトライする人たち

 中央のラインをまたいで立ち、サイドステップをして左右のラインを越すか、または踏むことを20秒間繰り返す。年を重ねると衰えが気になる敏しょう性を測ることができるテスト。ドタドタと足を動かすのではなく、うまくリズムを作り出せるかがカギ。これも2回計測して良い方の記録を取るが、記者は結構、息が切れた。男性の平均は51.9回、女性は45.0回だった。

立ち幅跳び

立ち幅跳びに挑戦する佐藤弘道さん

立ち幅跳びに挑戦する佐藤弘道さん

 両足で同時に踏み切って前方に跳び、距離を測定する。両手を振ってリズムをつけ、「えいっ!」とジャンプする。全身をバネのように動かせるかが重要だが、タイミングが合わずになかなか跳び出せない人も。男性の平均は206.8センチ、女性は155.3センチだった。ちなみに、この種目に挑戦したゲストの佐藤弘道さんは220センチと男性の平均を大きく上回った。

急歩

足が地面に着いているように注意しながら急歩のテストを受ける人たち

足が地面に着いているように注意しながら急歩のテストを受ける人たち

 左右どちらかの足が常に地面に着いているようにして急いで歩くテスト。男性は1500メートル、女性は1000メートルと、歩く距離が長いため、持久力が求められる。参加者たちは、冷たい小雨まじりの中、腕を振り、白い息を吐きながらトラックを懸命に歩いていた。男性の平均は11分16秒(1500メートル)、女性は8分19秒(1000メートル)。

50メートル走

小雨まじりの中、50メートル走にトライする参加者

小雨まじりの中、50メートル走にトライする参加者

 今の自分の走る速さを知っておきたいと、計測を楽しみにしている人が多い。両手を地面に着いて屈んだ姿勢から始める「クラウチングスタート」の要領で、ゴールラインに胴が到着するまでに要した時間を計測する。参加者たちは時折、小雨が降る中を全力疾走。走り終わった人たちのすがすがしい表情が印象的だった。男性の平均は8.1秒、女性は9.8秒だった。

 

※「オトナのスポーツテスト2016」に参加した方は、同サイトの「マイページ」にログインして測定結果を確認することができます(12月22日まで)。A~E段階での総合評価、体力年齢のほか、参加者の中でのご自分の順位も分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント/トピック