健康一言解説

健康経営銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 従業員の健康を大切にする企業が、市場で資金を調達しやすくするために設けられた制度。経済産業省と東京証券取引所が2015年に始めた。健康増進が生産性の向上、組織の活性化を促し、企業業績の向上をもたらす、との期待がある。東証上場企業の業種区分(30種)から、16年は25社が選ばれた。

 実際の選定では「経営理念」「組織・体制」「施策」「改善」「リスク管理」など5分野の評価と、企業の収益力を示す「株主資本利益率」(ROE)が一定の水準を上回ることが条件。米国企業をモデルにした試算では、健康経営への1ドルの投資が、3ドルのリターン(見返り)をもたらした、とのケースも報告されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康一言解説

  • 健康経営アドバイザー

     健康経営の重要性を経営者に伝えたり、助言をしたりする専門家。東京商工会議所が講座=写真=を開き、講義終了後の効果測定テスト(マークシート式)を受け、合格すると有効期限が1年の認定証を与えられる。更新…[続きを見る]

    健康一言解説

  • ヘモグロビンA1c (HbA1c)

     「ヘモグロビン・エーワンシー」、もしくは「エイチビー・エーワンシー」と発音され、通常の健康診断でも血液検査で測定される。糖尿病や糖尿病予備軍(境界型)の人が注意を払うべき項目だ。 糖尿病は血液中に…[続きを見る]

    健康一言解説

  • メタボ~「メタボリックシンドローム」と「隠れメタボ」~

     健康診断の結果に一喜一憂する――。おなじみの光景だろう。オフィスでも自分の結果が配られて、青ざめたり、にんまりと余裕の笑顔を見せたり。同僚と結果を見せ合って「年齢とともに体重も増えていくなあ。家族か…[続きを見る]

    健康一言解説