文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

皮膚疾患「乾癬」知って! 東京タワーで10月に啓発イベント

 皮膚にかさぶたのような発疹が広がる乾癬(かんせん)の患者たちでつくる一般社団法人「INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会」(事務局・東京)は10月28、29日、東京都港区の東京タワーで、病気や患者について広く知ってもらうためのイベントを開く。
 乾癬は他人には感染しない。だが、人にうつるという誤解もあるため、患者は症状を見られないようにと外出を避けたり、暑くても長袖のシャツを着たりするなど、苦労を重ねている。
 イベントでは、患者の体験を紹介するパネルを展示し、パンフレットも配布する。多くの患者を診ている医師が、症状や精神面への影響を語るシンポジウムも開く。
 協会の担当者は「乾癬について多くの人に知ってもらい、患者が肩身の狭い思いをせずに生活できるようにしたい」と語っている。
 協会はインターネット上で、9月14日夜までイベント運営のための寄付を募っている。寄付先は専用のサイト(https://readyfor.jp/projects/17160/)へ。