文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)

アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)

アジソンびょう(まんせいふくじんひしつきのうていかしょう)
Addison's disease (Chronic adrenocortical insufficiency)

【初診に適した診療科】
内科
【どんな病気か】
副腎皮質ホルモンは、糖分の代謝や水分・電解質(酸・塩基など)のバランスに関わり、ストレスに対抗して体のはたらきを調節する重要なホルモンです。このホルモンが、何らかの原因で体が必要とする量を分泌できなくなった状態を、副腎皮質機能低下症といいます。 これには、副腎自体の病気による場合と、副腎皮質ホルモンの分泌を調節する下垂体(かすいたい)の病気による場合とがありますが、アジソン病は、このうち副腎の病気が原因で慢性に経過したものです。
【原因は何か】
副腎は両側の腎臓の上、左右に2つありますが、両側の副腎が90%以上損なわれるとアジソン病になります。原因として最も多いのは、結核(副腎結核)と自己免疫によるものです。
【症状の現れ方】
副腎皮質ホルモンには、糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、男性ホルモンがあります。アジソン病では、主に糖質コルチコイド、鉱質コルチコイドの欠損症状が現れます。
 現れる症状はさまざまですが、主なものは、a.色黒、b.倦怠感、脱力感、c.体重減少、d.胃腸症状(食欲不振、便秘、下痢)、e.低血圧、f.低血糖などです。また精神症状(不安、集中力の低下など)や腋毛、恥毛の脱落などもしばしば認められる症状です。自己免疫が関係する場合、甲状腺疾患や糖尿病、貧血、真菌症などを合併することが多く、これらの症状が現れることもあります。
【治療の方法】
副腎皮質ステロイド薬を、病気の程度、日常生活に合わせて補充します。通常、1日1~2回の内服ですみますが、けがや発熱などで体に強いストレスがかかる場合は、内服量を増やす必要があります。
【病気に気づいたらどうする】
アジソン病の初期では副腎皮質の障害が軽度なので、ホルモンの分泌も生活に支障を来さない程度に保たれています。しかし、この状態の時に、けが、発熱などで強いストレスがかかった場合、急性副腎不全を来して危険な状態になることがあります。
 前述のような症状があった場合、内分泌・代謝を専門とする病院で一度精密検査をしておくことが望まれます。

(C)法研