文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

外陰がん

外陰がん

がいいんがん
Vulvar cancer

【初診に適した診療科】
婦人科、産婦人科、皮膚科
【どんな病気か】
外陰とは、性器の外側の部分(恥丘、大陰唇、小陰唇、陰核、外尿道口、腟前庭(ちつぜんてい)、会陰(えいん)など)の総称です。 外陰がんは、婦人科が扱う悪性腫瘍のなかで3~4%と少なく、日本での年間発生数は10万人あたり0.5人以下で、比較的まれな病気です。大部分は50歳以降に発生し、とくに60代以降に多いとされています。
 このがんは、外陰部の表面にできることが多いので、患者さん自身も早期から異常に気づきやすいと思われますが、婦人科の受診に抵抗感をもつために、多くの場合は進行がんとして発見されます。
【原因は何か】
いまだ不明な点が多いのですが、少なくとも2つの異なる原因が考えられています。ひとつは、ヒトパピローマウイルスの感染をきっかけにがんが発生するもので、この場合は比較的若い人に発生するとされています。
 もうひとつは、硬化性苔癬(こうかせいたいせん:外陰部などに硬い丘疹が数多くできる)などの炎症性疾患が元になって、がんが発生すると推測されています。
【症状の現れ方】
初めのうちは、しつこく続くかゆみと腫瘤が主な症状です。がんが進行してきて潰瘍が形成されると、痛みや排尿時の灼熱感などを感じるようになります。
【治療の方法】
外陰がんは、がんの大きさや外陰部周囲の臓器への進展、リンパ節転移の有無などによって4つの進行期に分けられ、治療方法が異なります。
 進行期1期あるいは2期のがんに対しては、広汎外陰切除と鼠径(そけい)リンパ節郭清が標準的な術式になっています。郭清(かくせい)とは、がんの転移の有無にかかわらず、周辺のリンパ節をすべて切除することです。 1期では、切除範囲やリンパ節郭清の範囲を縮小する場合もあります。
 進行期3期以上では、広汎外陰切除、骨盤内臓全摘術が行われる場合や、放射線療法と化学療法(抗がん薬)を併用して治療にあたる場合があります。
【病気に気づいたらどうする】
外陰部の腫瘤やしつこいかゆみなどがある場合には、積極的に婦人科を受診することをすすめます。治療は婦人科と皮膚科、あるいは形成外科が協力して行います。

(C)法研