文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

反回神経麻痺

反回神経麻痺

はんかいしんけいまひ
Recurrent nerve palsy

【初診に適した診療科】
耳鼻咽喉科
【どんな病気か】
発声時には左右の声帯が中央方向に近寄って気道が狭まるので、呼気により声帯が振動して声が出ます。また嚥下(えんげ)時には、嚥下したものが気管に入り込まないように左右の声帯は強く接触して気道を完全に閉鎖します。反回神経麻痺により、このような声帯の運動性が障害された結果、息もれするような声がれや、誤嚥(ごえん)、むせるといった症状が起こります。 また、両側の反回神経が障害されて左右の声帯が中央付近で麻痺して動かなくなると、気道が狭くなるため呼吸困難や喘鳴(ぜんめい:ぜーぜーした呼吸)が起こります。
【原因は何か】
声帯を動かす神経(反回神経)は脳幹から枝分かれして頭蓋内から下降してきますが、一度そのまま声帯の横を素通りし、胸郭(きょうかく)内に入り、左側では大動脈弓、右側では鎖骨下動脈の部分で折れ返り、食道の両脇をたどって上行し、甲状腺の裏側を通ったあとに声帯の筋肉を支配するという独特の走行をしています。このため、その経路のどこで障害が起こっても反回神経麻痺が発生します。 脳幹付近の障害では、舌咽神経や副神経などの他の脳神経が近くを走行しているので、声がれやむせなどのほかに、声が鼻にもれる、飲み込んだ時に鼻へ逆流してくる(舌咽神経麻痺の症状)、肩が痛い、肩が上がりにくい(副神経の症状)などの症状が合併して起こります。
【治療の方法】
通常、麻痺の発症から6カ月経過しても症状の改善がない場合は機能改善手術を行います。誤嚥などの症状が強い場合には、その時期を早めることもあります。
 手術には麻痺した声帯にコラーゲンや脂肪を注入してふくらませる方法と、頸部を切開してシリコン板を挿入するか、声帯を動かす軟骨や筋肉を牽引(けんいん)する方法があります。外切開による方法では、局所麻酔下に発声させながら、どのくらいまで声の改善が得られるかを確認しながら手術するので、確実性と安定性があります。また、皮膚を美容的に縫合すれば傷もほとんど残りません。

(C)法研

医療相談室で見る

「反回神経麻痺」に関連する相談を見る