文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

脳出血

脳出血

のうしゅっけつ
Cerebral hemorrhage

【初診に適した診療科】
脳神経外科、神経内科
【どんな病気か】
脳出血とは脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳のなか(大脳、小脳および脳幹の脳実質内)に出血した状態をいいます。そのため意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れます。血腫(けっしゅ)が大きくなると脳浮腫(のうふしゅ)によって頭蓋内圧が高くなって脳ヘルニアを起こし、重い場合は脳幹部が圧迫されて死に至ります。
【原因は何か】
高血圧が原因で起こる脳出血(高血圧性脳出血)が最も多く、全体の70%を占めます。そのほか、脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)、脳動静脈奇形の破綻、腫瘍内出血、脳の外傷、白血病などの血液疾患が原因になります。高齢者では、血管の壁に老人性変化のひとつであるアミロイドが沈着して脳出血の原因になることがあります。
【症状の現れ方】
一般的には頭痛、嘔吐、意識障害、片麻痺(かたまひ)が多くの患者さんにみられます。出血部位および血腫の大きさにより症状は違います。たとえば、被殻出血では片麻痺、感覚障害、同名性半盲(どうめいせいはんもう:両眼とも視野の片側半分が見えなくなる状態)などが主な症状で、進行すると意識障害がみられます。優位半球(通常左半球)の出血の場合では失語症もみられます。視床出血では片麻痺、感覚障害は被殻出血と同じですが感覚障害が優位のことがあります。出血後に視床痛という半身のひどい痛みを伴うことがあります。
 なお、普段から血圧の高い患者さんに突然に起こる、上下肢における持続性で片側の脱力は、脳出血を含めた脳血管障害の可能性があるので、軽い場合でも神経内科、脳神経外科のある専門病院で精密検査することをすすめます。
【治療の方法】
高血圧性脳出血の治療は、血腫による脳実質の損傷を軽くし、再出血や血腫の増大を防ぎ、圧迫によって血腫の周囲の二次的変化が進まないようにすることです。このため内科的治療としては、頭蓋内圧亢進(ずがいないあつこうしん)に対する抗浮腫薬の投与、高血圧の管理、水電解質のバランス、合併症(けいれん発作、発熱、消化管出血、電解質異常、高血糖、下肢静脈血栓症など)の予防と治療が基本になります。
 同時に外科的治療が必要かどうかの検討も行います。出血量が10ml未満の小出血または神経学所見が軽度な症状では、部位に関係なく手術適応はなく、意識レベルが深昏睡の症例も手術の適応はないとするのが一般的な方針です。

(C)法研

「脳出血」に関連する記事

シリーズ