文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

インスリノーマ(インスリン産生膵島細胞腫)

インスリノーマ(インスリン産生膵島細胞腫)

インスリノーマ(インスリンさんしょうすいとうさいぼうしゅ)
Insulinoma (Insulin-producing islet cell adenoma)

【初診に適した診療科】
内科、消化器科
【どんな病気か】
低血糖症状を起こす代表的疾患のひとつです。膵臓(すいぞう)ランゲルハンス島でインスリンを産生するβ細胞が腫瘍化して起こります。90%は良性ですが、悪性のものもあります。多発性内分泌腫瘍症1型の部分症であることがあります。
【原因は何か】
正常のβ細胞は血糖が低下するとインスリンの分泌をやめますが、インスリノーマの細胞はこの調節ができずにインスリンを分泌し続けるため、低血糖症状を引き起こします。
【症状の現れ方】
毎食前や夜間などの空腹時に、冷汗、動悸、頻脈、手の震えが出現します。これらは、自律神経が低血糖に反応して興奮するためと考えられています。さらに血糖が低下すると、脳への糖供給不足により、思考能力低下や異常行動が出現します。このまま放置されるとけいれんが起こり、昏睡となって、生命の危険をもたらします。
【検査と診断】
病的な低血糖は、(1)空腹時に前述の症状を伴い、(2)血糖値の低下が証明され(大まかな目安として50mg/dl以下)、(3)血糖を上昇させる処置により症状が改善するもの、と定義されています。低血糖発作時に血中インスリンが高値であれば、インスリノーマが疑われます。
【治療の方法】
手術による腫瘍の切除が第一です。切除が不能もしくは不完全な場合には、ジアゾキシドの内服により、インスリン分泌の低下が図られます。保険適応外ですが、オクトレオチドの注射も有効なことがあります。

(C)法研