文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)

 脚や骨盤内の深いところを通る静脈に血栓(血の塊)が出来る「深部静脈血栓症」と、その血栓が肺の動脈に流れて詰まる「肺塞栓症」を合わせて、「静脈血栓塞栓症」と呼ぶ。手術、骨折などで長時間ベッドに安静にしているときなどに血流が滞って起こることが多い。

 飛行機の長時間搭乗に伴う発症もあり、エコノミークラス症候群という呼び方でも知られる。生まれつき血液が固まりやすい人もおり、体質との関係も指摘されている。

 【症状】肺塞栓症になると、呼吸困難や胸痛などが出て命に関わることもある。血栓が肺に流れなくても、脚の静脈をふさぐと、脚のむくみ、はれなどがひどくなる。

 【診療科】循環器内科、血管外科

「静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)」に関連する記事

治療

シリーズ

病院の実力


肺塞栓 急性と慢性で異なる治療法

 DPC病院調査肺血栓塞栓症(肺塞栓症)について藤田保健衛生大学心臓血管外科教授の安藤太三(あんどう・もとみ)さんに解説していただきました。◇――肺塞栓症とは、どんな病気ですか。心臓から肺に血液を送る肺動脈に…

病院の実力で「静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)」を見る