文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

小脳梗塞・小脳出血

小脳梗塞・小脳出血

しょうのうこうそく・しょうのうしゅっけつ
Cerebellar infarction, Cerebellar hemorrhage

【初診に適した診療科】
脳神経外科、神経内科
【どんな病気か】
小脳の血管が詰まるものを小脳梗塞、血管がやぶれたものを小脳出血といいます。 小脳には、体の運動(手足の動き、しゃべるための口・舌・のどの動き、眼の動きなど)をスムーズにする機能と、体のバランスを保つ機能とがあります。
 そのため小脳が侵されると、手足の運動のぎこちなさや、ろれつの回りにくさが現れます。また眼が勝手に動く眼振(がんしん)という症状から、めまいや吐き気、嘔吐(おうと)がみられたり、バランスが損なわれて体がふらつき、立てなくなることもあります。
 小脳梗塞ではこれらの症状がみられますが、治療は通常の脳梗塞と同じです。 一方、小脳出血は、頭痛、めまい、嘔吐の3つの症状が特徴で(もちろん前記の症状も出ますが)、危険な病気です。
 一般に脳梗塞や脳出血が起こると、脳がはれて圧が高くなります。小脳出血では、はれた小脳が近くの脳幹を圧迫する場合がありますが、脳幹には呼吸をコントロールする中枢があるので、ここが圧迫されると呼吸が止まる危険が生じます。そのため脳の圧を下げる目的で手術を行う場合もあります。

(C)法研

医療相談室で見る

「小脳梗塞・小脳出血」に関連する相談を見る