文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

絨毛がん

絨毛がん

じゅうもうがん
Choriocarcinoma

【初診に適した診療科】
婦人科、産婦人科
【どんな病気か】
胎盤(たいばん)は、子宮と胎児との間でガスや栄養・老廃物を交換する器官で、胎児由来の細胞からできています。そのなかで母体に接する部分にあるのが絨毛細胞です。この絨毛細胞に由来する病気には、胞状奇胎(ほうじょうきたい)、絨毛がんなどがあり、絨毛性疾患と総称します。
 絨毛細胞ががん化したものを絨毛がんといいます。ほとんどの絨毛がんは妊娠のあとに発生します(妊娠性絨毛がん)。大部分は子宮に病巣をつくりますが、肺などの転移巣だけが認められて子宮に病変が見つからないこともあります。まれに妊娠とは無関係に、卵巣や精巣にある生殖細胞から絨毛がんが発生することもあります(非妊娠性絨毛がん)。
 絨毛がんは肺、腟、肝臓、脳などに血行性転移を非常に起こしやすいため、かつては致死的とされてきましたが、最近では化学療法により大部分が治癒するようになりました。
【原因は何か】
妊娠性絨毛がんは、約半数が胞状奇胎後に、4分の1が正常妊娠後に、残りの4分の1が流産や子宮外妊娠後に発生します。逆に胞状奇胎のなかの約20%が侵入胞状奇胎や絨毛がんになります。そのために胞状奇胎の治療後は定期検診が重要です。
【症状の現れ方】
胞状奇胎治療後に定期検診を受けている場合は無症状の段階で発見できます。
 自覚症状としては不正性器出血や帯下の増量がみられます。子宮、卵巣の腫大や腹腔内出血による下腹部痛が起こることもあります。妊娠悪阻(にんしんおそ:つわり)が生じることもあります。肺への転移により、胸痛、咳、血痰、呼吸困難が起こる場合もあります。
【治療の方法】
絨毛性疾患に対しては化学療法(抗がん薬)が非常に有効です。絨毛がんの場合は、3~5種類の抗がん薬を組み合わせた多剤併用療法を行います。化学療法のみで効果が不十分な時は、手術や放射線療法を組み合わせて行います。

(C)法研