文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

細菌性肺炎

細菌性肺炎

さいきんせいはいえん
Bacterial pneumonia

【初診に適した診療科】
内科、呼吸器科
【どんな病気か】
肺炎は、酸素と二酸化炭素を交換する肺胞(はいほう)と呼ばれる部位に起こる感染に伴う炎症と定義されます。肺胞は気道とつながっているので、同時に気管支炎も起こします。肺炎では肺胞にまで微生物が侵入し、それに対して体の防御機構がはたらき、炎症性の細胞や滲出液(しんしゅつえき)が肺胞内に満たされた状態になります。
【原因は何か】
肺胞にまで細菌が到達する経路は気道を通って侵入する(経気道感染)場合がほとんどです。まれに血液の循環を介して肺胞に到達し、肺炎を起こす場合があります(血行性感染)。経気道的に侵入する場合は、誤嚥(ごえん)を原因とすることが多いと考えられています。誤嚥の起こりやすい人として、脳血管障害(脳出血、脳梗塞(のうこうそく))の既往歴のある人、寝たきりの人、神経疾患にかかっている人などがあげられます。
 細菌性肺炎の原因菌は肺炎球菌が最も多く、次いでインフルエンザ菌です。そのほか、黄色ブドウ球菌やクレブシエラ菌が原因になります。
【症状の現れ方】
細菌性肺炎の症状としては、発熱、咳、膿性(のうせい)の痰がみられ、それに加えて胸痛がみられることもあり、この場合は胸膜(きょうまく)への炎症の広がりを示唆します。重症例では呼吸困難、チアノーゼ、意識障害がみられ、緊急に治療を開始する必要があります。 咳と痰という症状の共通する気管支炎に比べ、高い発熱や胸痛、呼吸困難などは肺炎を疑わせる症状です。医療機関へのできるだけ早い受診をすすめます。
【治療の方法】
細菌性肺炎では、原因になっている細菌に合わせた適切な抗菌薬を選択することが治療の基本です。 誤嚥性(ごえんせい)肺炎を起こした場合は、口腔内の清浄が保たれていないことが大きな原因になります。歯みがきを励行し、かつ歯肉の化膿性病巣などを歯科で治療してもらうことも必要です。
 進行の急激な重症の肺炎の場合、レジオネラ肺炎を疑うことが大変重要です。レジオネラ肺炎の場合は、疑うか、疑わないかで生死が分かれるといっても過言ではありません。とくに、肺炎になる前の1~2週間の間に温泉旅行に行ったことのある人、あるいは透析中などの免疫に影響する治療を受けている人では注意が必要です。

(C)法研