文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニア

けいついついかんばんヘルニア
Cervical disc herniation

【初診に適した診療科】
整形外科
【どんな病気か】
頸椎は7個の椎骨で構成され、椎間板が存在するのは第2頸椎(軸椎)以下です。椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしますが、クッションの表面が破れた状態、すなわち椎間板・線維輪に亀裂が入って内部の髄核(ずいかく)が飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。好発年齢は30~50代です。
【症状の現れ方】
手足のしびれや痛み、脱力などの神経症状が主な症状です。
 脊髄が飛び出した髄核に圧迫されると、手足の先端に行くほど強いしびれがさまざまな程度で、両側もしくは片側に起きます。上肢では、握力低下や手指の細かな動作に障害が現れ、字が書きにくくなったり、衣服のボタンの留め外しが難しくなります(巧緻(こうち)運動障害)。下肢では、足が前に出にくくなって歩幅が狭くなり、階段の昇り降りがしづらくなります(痙性(けいせい)歩行)。
 一方、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されると、頸部痛と片側の上肢にのみ症状が現れます。とくに頸椎の位置や動きで変化する上肢の痛みやしびれ感が特徴的で、通常、上を見上げる動作(伸展)や咳・くしゃみなどで増強します。
【治療の方法】
椎間板ヘルニアにより、脊髄、あるいは神経根のどちらが障害を受けているかで治療法は異なります。
 進行性の脊髄症状、すなわち手足のしびれや脱力が進行しつつあり、画像検査上も脊髄の圧迫と浮腫(ふしゅ)などのダメージを示す所見があれば、診断確定後にすみやかに手術を検討することになります。
 一方、近年、椎間板から脱出した髄核は自然吸収・消失の過程をとる場合があることから、しびれや脱力が長期間続き変化があまりない場合は、薬や理学療法などの保存的治療にて経過をみる場合が多くなってきています。
 神経根症状の場合は、主に保存的治療が行われます。すなわち、頸椎カラーなどによる頸部の安静と、消炎鎮痛薬やステロイド薬などの薬物治療が基本です。疼痛コントロールが困難な場合は、硬膜外ブロック・星状神経節ブロック・神経根ブロックなどの各種神経ブロック療法が行われます。
 保存的治療で改善が得られなかったり、運動麻痺が進行する場合は手術を検討することになります。

(C)法研

「頸椎椎間板ヘルニア」に関連する記事

治療

シリーズ