文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群

ギラン・バレーしょうこうぐん
Guillain-Barre syndrome

【初診に適した診療科】
神経内科、内科
【どんな病気か】
急速に発症する左右対称性の四肢筋力の低下と腱(けん)反射の消失を主徴とする病気です。
【原因は何か】
発症の1~3週間前に咳や発熱、咽頭痛、頭痛、下痢などの感冒(感染)症状があることが多いので、各種ウイルスや細菌による感染が引き金となり、自己免疫的機序(仕組み)を介して発症する病気と考えられています。
 神経細胞には軸索(じくさく)と呼ばれる長い枝の部分がありますが、この病気では主に軸索のまわりを取り囲む髄鞘(ずいしょう)という部分に障害が出ます。髄鞘の障害には感染の結果できた自己抗体が関与すると考えられています。
【症状の現れ方】
感冒症状や下痢のあと1~3週間して比較的急速に四肢の筋力低下が現れますが、通常は2~4週間目でピークに達し、進行は停止します。進行停止後は徐々に快方に向かい、3~6カ月でほぼ完全に治りますが、10~20%の患者さんでは後遺症を残します。運動障害に比べて、感覚障害は軽いのが特徴です。
 顔面の筋力低下も約50%の患者さんでみられます。舌や嚥下筋の支配神経に障害が出て、しゃべりにくい、飲み込みにくいなどの症状が現れることや、外眼筋(がいがんきん)支配神経に障害が出て複視(ふくし:物が2つに見える)が起こることもあります。呼吸筋の麻痺は10~20%の患者さんで起こります。また、頻脈(ひんみゃく)やそのほかの不整脈、起立性低血圧、高血圧など自律神経が損なわれた症状が現れることもあります。
【治療の方法】
免疫グロブリンの大量静注療法、または血漿(けっしょう)交換療法が有効な治療法です。
 免疫グロブリン大量静注療法は400mg/kgの用量で5日間行います。血漿交換療法の回数は症状の程度によって異なりますが、5m以上歩ける軽症例では隔日で2回、自分で立てない中等度例や人工呼吸器を装着されている重症例では隔日で4回くらい行います。これらの治療と並行して、筋力回復のためのリハビリテーションを行うことも重要です。

(C)法研

「ギラン・バレー症候群」に関連する記事

シリーズ

医療相談室で見る

「ギラン・バレー症候群」に関連する相談を見る