文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

急性腹膜炎

急性腹膜炎

きゅうせいふくまくえん
Acute peritonitis

【初診に適した診療科】
外科、消化器科
【どんな病気か】
腹膜とは腹腔内(ふくくうない)をおおう膜です。本来、腹腔内は無菌になっています。この腹膜に細菌感染や物理的・化学的刺激によって炎症が起こるものを腹膜炎といいます。腹膜炎は、その経過から急性腹膜炎と慢性腹膜炎に分類されます。
 腹膜全体に炎症が広がる急性汎発性(はんぱつせい)腹膜炎では、生命に関わる重症の状態に陥る可能性があり、緊急な医学的処置が必要です。
【原因は何か】
急性腹膜炎の多くは、さまざまな消化器疾患の合併症として起こります。その原因には、細菌因子と化学因子があげられます。
 細菌因子とは、急性虫垂炎、急性胆嚢炎、急性膵炎などの腹腔内の臓器の炎症が腹膜へ波及することによって生じることで、一般には急性虫垂炎が最も頻度が高くみられます。
 化学因子では、外傷、消化管疾患や腸間膜の虚血(きょけつ)による消化管穿孔(せんこう)が原因によって起こる胃液、胆汁などの腹膜への漏出があげられます。
【症状の現れ方】
急性腹膜炎の症状として腹痛は必ずみられます。原因となる病気の前兆として腹部不快、軽い腹痛を示すことがまれにありますが、通常は急激な腹痛が突発的に起こります。痛みは持続し、初めは限られた部位だけですが、次第に腹部全体に及びます。 そのほかの症状として吐き気・嘔吐、発熱、頻脈(ひんみゃく)がみられます。病気が進行している場合には、脱水・ショック状態に陥ることもあります。
【治療の方法】
消化管の穿孔がなく、腹膜炎の部位が限られている限局性腹膜炎の場合には、補液、抗生剤の投与により保存的に治療することで治ることもありますが、基本的には早期の緊急手術を必要とすることがほとんどです。
【病気に気づいたらどうする】
急性腹膜炎は、原因となる疾患にもよりますが、早期に治療すれば予後は良好です。夜間であっても、緊急に治療を受けるべきです。

(C)法研