文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

アルコール依存症

アルコール依存症

アルコールいぞんしょう
Alcoholism

【初診に適した診療科】
精神科、神経科
【どんな病気か】
アルコール依存症は薬物依存症のひとつです。ほかの薬物依存症と同じようにアルコール依存症も「脳の病」であり「行動の病」です。薬物依存症の主な症状は、「強化された薬物探索・摂取行動」と規定され、脳に行動の記憶として刻印され、完治することがない病気です。長期にわたる断酒をしても少量の再摂取から短期間に断酒直前の摂取行動にもどります。ほかの慢性疾患と同様に再発しやすい病気です。 アルコール依存症は誤解の多い病気でもあり、アル中(慢性アルコール中毒)と同義ではありません。アル中は社会的、道徳的、倫理的なラベリング(レッテル貼りの言葉)であり、医学用語からは排除されています。
【原因は何か】
依存性薬物であるアルコール飲料を繰り返し摂取すると、脳内へのアルコールの強化作用(飲酒欲求)に対する感受性が増大します。この感受性の増大が飲酒行動を強化し、飲酒パターンが病的となって探索行動(何とかしてお酒を飲むための行動)を引き起こします。
【症状の現れ方】
主な症状は病的な飲酒行動で、摂取行動と探索行動の変化として現れます。摂取行動は、日常の合間合間に飲酒を繰り返したり、飲んでは眠り、さめては飲むを繰り返したりの病的飲酒パターンになります。病的飲酒パターンと表裏して飲酒渇望が探索行動に現れ、徐々に高度になります。飲酒を取り繕ううそ、酒代の借金、隠れ飲み、酒瓶隠し、酒屋や自販機めぐり、飲酒を妨害する人を責めたり脅したりなど多種多様です。
 飲酒の反復のあと、飲酒中断や飲酒間隔の延長、飲酒量の減少で現れる症状を退薬症状といいます。不眠・悪夢・頻脈・動悸・嘔吐・頭痛・胃痛・発汗などの自律神経症状、手指振戦・筋肉の硬直やけいれん発作などの神経症状、幻視・幻聴・振戦せん妄などの精神症状が現れます。
【治療の方法】
現在のところ、断酒以外の治療選択肢はありません。断酒会やAA(アルコール匿名会)などの自助会も治療の場です。日本のアルコール専門病棟の大半では、断酒の動機づけを入院条件にしており、開放病棟で2~3カ月の入院期間中に、患者自治会の主導で断酒会やAAへとつなげています。主な薬剤では、抗酒剤としてシアナマイドとジサルフィラムの2つが用いられます。

(C)法研

「アルコール依存症」に関連する記事

シリーズ