文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

急性気管支炎

 気管支の粘膜に急性の炎症が起こる病気。大半はインフルエンザウイルスやRSウイルスなどへの感染による風邪が気管支にまで及んで発症するが、マイコプラズマや百日ぜき菌といった微生物のほか、ガスや微粒子などの刺激も原因になることがある。治療では感冒薬や、たんの排出を促す薬、たんを伴わない場合はせき止め、細菌感染には抗菌薬を使う。

 【症状】せき(長引くことも)、たん

 【診療科】呼吸器科など

急性気管支炎

きゅうせいきかんしえん

【初診に適した診療科】
小児科
【どんな病気か】
急性上気道炎症状(咳、鼻みず、発熱)に数日遅れて発症する湿性咳嗽(しっせいがいそう:痰の絡んだような咳)や発熱を伴う呼吸器疾患です。気管や気管支を中心に炎症が起こる下気道炎です。
【原因は何か】
原因の多くはウイルス性で、細菌感染はウイルス感染後の二次感染と考えられます。まずウイルス性上気道炎が先行し、上気道分泌物の下降や呼吸に伴う吸引、ウイルス感染の下気道への波及などにより、上気道炎症状が出てから3~5日後に気管支炎が発症します。
【症状の現れ方】
上気道炎症状に続き、呼吸器症状が次第に目立つようになります。呼吸器症状としては、強い咳(初期には乾いた咳であり、そのあと痰の絡んだような湿性咳嗽となる)、痰があり、小さい子どもでは、もともと気管支が細いことから喘鳴(ぜんめい:息を吐く時に生じるゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)を伴うことも多くなります。
 ウイルスによる場合が多いのですが、いったん解熱したあとに再び発熱する、発熱期間が長い、全身状態が悪化してくるといった症状が認められる場合は、細菌感染の合併が疑われます。
【治療の方法】
気道の浄化のためには、気管支拡張薬や痰を切りやすくする去痰薬が使用されます。鎮咳薬は、百日咳などの激しい咳を伴う疾患で使用されることがあります。細菌感染の合併が疑われる場合には、抗菌薬が使用されます。

(C)法研

「急性気管支炎」に関連する記事

検査・診断

治療

研究・その他