文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

関節リウマチ

 関節リウマチは、免疫の異常で、関節に炎症や破壊が起きる。患者数は70万人以上とされ、女性が男性の4倍多い。30―50歳の働き盛りでの発症が多い。治療は、抗リウマチ薬を含む薬物療法が中心となる。関節破壊を防ぐとされる生物学的製剤が近年、続々と承認されており、リウマチ治療に大きな革新を引き起こした。関節破壊が進んでしまうと、関節を人工物で置き換える人工関節手術を受けることになる。

 【主な症状】関節の腫れや痛み、変形、手指の朝のこわばり。

 【診療科】リウマチ科、整形外科

関節リウマチ

かんせつリウマチ

【初診に適した診療科】
リウマチ科、整形外科、内科
【どんな病気か】
関節リウマチは、70~100万人の患者数を数え、30~50代の女性に好発します。関節リウマチは従来、関節の病気との認識でしたが、現在ではリンパ球の異常による内科的疾患と考えられ、膠原病のひとつとして位置づけられます。
【原因は何か】
原因は不明ですが、遺伝や感染する病気ではなく、免疫の異常が関係しています。
【症状の現れ方】
全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じます。朝のこわばりはリウマチ特有の症状で、起床時に手指などの関節がこわばって動かしにくく、ぎこちない感じを自覚し、温めたり動かすと数分~数時間で消えていきます。
 こわばり感に引き続いて関節症状が現れます。痛みをはじめ、関節のはれ、発赤、熱感、運動時痛、関節液がたまる、などの症状を伴います。関節炎は、左右対称性に生じ、しばしば移動性で、手指、手、足、膝などの関節に生じます。また、微熱、食欲減退、全身倦怠感などの全身症状や、前腕伸側などの皮下結節、目や口の乾き、乾いた咳、運動時呼吸苦、甲状腺腫などの関節外臓器の症状をしばしば伴います。 関節の炎症は発症の早期から骨・軟骨に広がり、破壊がどんどん進行すると運動が制限され、元に戻らなくなります。
【治療の方法】
関節リウマチでは長期的に計画された治療が必要です。治療の中心は薬物療法で、関節の炎症を抑え、関節破壊の進行を防ぐことが目標です。抗炎症薬と、リンパ球の活性化を抑える抗リウマチ薬の2本立てで行われます。
 抗炎症薬は疼痛やはれの緩和を目標とした補助療法として使用します。抗リウマチ薬は免疫異常の改善と関節炎・関節破壊の進行制御を目的とした関節リウマチの根本治療です。治療効果が明確な標準的治療薬はメトトレキサートです。 メトトレキサートを3カ月以上服用しても効果が不十分な場合は、生物学的製剤が使用されます。病気の主犯であるサイトカインのTNF‐αやIL‐6を標的とした生物学的製剤は、体内で活性化されたリンパ球などを直接抑え込み、画期的な効果をもたらします。 これらの抗サイトカイン療法はメトトレキサートと併用すると、半分近くの人は痛みもはれもなくなります。また、関節の破壊の進行がほぼ完全に抑え込まれ、早いうちから使用すれば身体機能が回復して、普通の人と同じように日常生活が送れるまでに改善します。

(C)法研

「関節リウマチ」に関連する記事

治療

すべて表示

付き合い方

シリーズ

病院の実力


関節リウマチ 薬で進行抑制

 関節リウマチは、細菌などから自らを守る免疫が過剰に働いて関節を攻撃し、炎症が起きる病気だ。手足をはじめ、全身の関節に腫れや痛み、こわばりが出るほか、発熱や倦怠(けんたい)感なども生じる。進行すると、骨や軟骨などが変形す…

病院の実力で「関節リウマチ」を見る

医療相談室で見る

「関節リウマチ」に関連する相談を見る