文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

症状の詳細をたどり、「疑われる病名」をクリックしてください。

麻痺がある

気になる症状 疑われる病名
どちらか片側に麻痺がある 体のどちらか片側に急に起こる 意識障害、感覚障害、言語障害あり 脳梗塞
脳出血
突然の頭痛、嘔吐、意識消失あり くも膜下出血
24時間以内、多くは数分で治まる 一過性脳虚血発作(TIA)
6歳前の小児、発熱、主に半身のけいれんあり 急性小児片麻痺
発熱、意識障害、頭痛あり 日本脳炎その他のウイルス性脳炎
体のどちらか片側に起こる やや急~徐々に起こる。頭痛、不眠、神経質、無力感あり 神経ベーチェット病
体のどちらか片側に徐々に起こる 頭部外傷後で、頭痛、認知症状あり 慢性硬膜下血腫
手や腕の麻痺、温痛覚がなくなる 脊髄空洞症
どちらか片側の手指に起こる 手指・手首が伸ばしにくい→垂れ手 橈骨神経麻痺
手指の外転・母指対立ができない→猿手 正中神経麻痺(手根管症候群)
薬指と小指が伸びにくい→鉤爪(鷲手) 尺骨神経麻痺
どちらか片側の足に起こる 足首や足指を上げられない→垂れ足 腓骨神経麻痺
どちらか片側の手・足・指に起こる その他 一過性脳虚血発作(TIA)
脊髄空洞症
脊髄の腫瘍
脳梗塞
脳出血
両下肢に急に起こる 感覚障害、排尿・排便障害あり 脊髄炎とその類似疾患
温痛覚がなくなる、背部痛あり 脊髄の血管障害
かぜ症状や下痢のあと ギラン・バレー症候群
両下肢に徐々に起こる 背中・手足の痛み、運動障害、便秘あり 脊髄の腫瘍
四肢に急に起こる 年1回~週数回起こる手足の脱力 周期性四肢麻痺
四肢に徐々に起こる 遺伝性・進行性の筋力低下あり 進行性筋ジストロフィー症
疲れやすい、複視、上まぶたが垂れる 重症筋無力症
発熱、関節炎、筋肉痛、まぶたの皮疹あり 多発性筋炎
四肢に起こる その他 ギラン・バレー症候群
神経ベーチェット病
脊髄炎とその類似疾患
日本脳炎その他のウイルス性脳炎

back 検索をやり直す