文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新型コロナウイルス肺炎患者の最新状況

 厚生労働省発表の新型コロナウイルス感染症発生状況(国外・国内、2月12日12時現在)です。

1.国外の発生状況について
・ 海外の国・地域の政府公式発表に基づくと、2月13日15:00現在、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例及び死亡例の数は以下のとおり。
※中国の中央政府公表のデータが未更新のため、2月12日11時時点のデータ

 

2.国内の発生状況について

※ 1 うち日本国籍1人
※ 2 チャーター便帰国者事例の764人については、付添1名を含む。

2月13日12:00現在、確認されている国内の発生状況は以下のとおり。

【国内事例(チャーター便帰国者を除く)】

(注): 14例目は中華人民共和国に帰国しているため、現在の状況は不明。
・2月12日18時時点までに疑似症サーベイランスおよび積極的疫学調査に基づき、計200件の検査を実施。そのうち17例が陽性。177例が陰性、6例が結果待ち。
(※)旧Noで記載。
上記患者のうち入院中6名、退院11名。

【水際対策で確認された事例:武漢市からのチャーター便帰国者に係る発生状況】

(*1):No.4、No.6は当初、無症状病原体保有者。
(*2):No.8、No.9は当初、無症状かつPCR検査陰性。
その他、3例の無症状病原体保有者が確認されている。 (※)旧No.で記載。

なお、患者及び無症状病原体保有者は、全員が入院中である。

3.クルーズ船での発生状況について

2月3日より横浜港で検疫を実施しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」について、新型コロナウイルスの陽性が確認されたのは、延べ713名中218名となり、感染症病棟を有する医療機関に搬送することとしています。
(※)なお、本件については、WHOの各国の発生状況の報告において、日本国内の発生件数とは別個(その他)の件数として取り扱われています。