文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

「お前ほどダメなヤツは見たことがない!」と上司に罵倒され不眠に 25歳男性の心を支えた「ある童話」とは?

イラスト:西島秀慎

 「最近、ずっと眠れない日が続くんです」F也さんは、疲れ切った表情でそう訴えた。「また今夜も、あの苦しみが繰り返されるのかと思うと、それだけで憂うつになってきます」と。産業医である私の前にF也さんが現れたのは、1…

つづきを読む

自慢の息子が突然「このクソババァ!」…14歳前後から始まる「悪夢の10年」は、親を嫌いになるホルモンのせい?

 「先生、『親』ってこんなに大変な仕事だったんですね!」E代さんは心療内科の外来で、ため息をつきながらそうこぼした。彼女は現在、48歳。診断は「抑うつ状態」。3年前に初めて来院したときは、職場のストレスからくる「適応…

つづきを読む

アルコール依存、リストカットを抜け出た先にあった「恋愛依存」 恋多き43歳女性に今必要なのは…

 「こんにちは~」D子さんが診察室に入ってきた。見るからに元気がない。「何?また失恋したの?」冗談のつもりで言ってみた。この前まで、ルンルン気分だったはず。だが返ってきたのは、「はぁ…」というため息。しまった。本…

つづきを読む

「男にも仕事にも恵まれない。どうすれば『幸せ』になれますか」と問う20代女性 患者ミーティングで仲間の答えは?

 「私、どうしても幸せになりたいんですっ!」突然、Aさんは語りだした。受診者同士のミーティング、別名「雑談ミーティング」の席である。「私の人生、ずっといいことなんてない。男には恵まれない。仕事にも恵まれない。とう…

つづきを読む

1 / 1

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

コラム一覧