文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』

糖尿病なのに「うるさい! 食べたいから食べるんだ」 父の部屋から見つかる大量のアメと格闘した日々

糖尿病なのに「うるさい! 食べたいから食べるんだ」 父の部屋から見つかる大量のアメと格闘した日々

 「いいかげんに手を放して!糖尿病なんだからあきらめて」そう父に言いながら、アメの袋を引っ張る手にますます力を入れたが、父の力もさらに強まり、袋は双方の間の空中で止まったままだ。踏ん張りながら、胸に悲しさと怒りがわい…

つづきを読む

「病院に行って」と言う娘に激怒し、父は殴り掛かってきた 教育者で穏やかな人だったのに…

 「うるさい、俺はどこもおかしくなんかない。自分のことは自分が一番わかっている」いきなり父が怒鳴った。それは、あきらかに認知症の症状が出ているのに、車の運転をやめない父に、「病院で認知症かどうか見てもらおう」と促した時…

つづきを読む

1 / 1

20190329_atanaka-prof_200

田中亜紀子(たなか・あきこ)
 1963年神奈川県鎌倉市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業後、OLを経て、ライター。女性のライフスタイルや、仕事について取材・執筆。女性誌・総合誌などでは、芸能人・文化人のロングインタビューなども手がける。著書に「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」(PHP新書)、「39.9歳お気楽シングル終焉記」(WAVE出版)。

コラム一覧