文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』

教育者で穏やかだった父親を変えたのは、認知症の中で4番目に多い「ピック病」という病だった。激しい問題行動を起こす父親との怒濤の日々を、フリーライターの田中亜紀子さんが語ります。

1 / 2

20190329_atanaka-prof_200

田中亜紀子(たなか・あきこ)
 1963年神奈川県鎌倉市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業後、OLを経て、ライター。女性のライフスタイルや、仕事について取材・執筆。女性誌・総合誌などでは、芸能人・文化人のロングインタビューなども手がける。著書に「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」(PHP新書)、「39.9歳お気楽シングル終焉記」(WAVE出版)。2020年5月、新著「お父さんは認知症 父と娘の事件簿」(中公新書ラクレ)を出版。

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】