文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支える「がんのサポーティブケア(支持医療)」の連載(毎月第3金曜日)が、1月15日から始まります。初回は、日本がんサポーティブケア学会前理事長(福岡大学名誉教授)の田村和夫さんに、がんのサポーティブケアとは何かについて、現状や課題、学会の取り組みなどを患者とのエピソードを交え、語っていただきます。2回目以降は、がんに伴う痩せの問題(がん悪液質)をはじめとする個別のテーマごとに、研究や治療の最前線、患者へのアドバイスなどについて、それぞれの専門家にインタビューします。

1 / 1

supportive-care_120-120

がんのサポーティブケア

 がんやがん治療に伴う副作用が及ぼす痛みやつらさを和らげ、がんと闘う患者を支えるのが「がんのサポーティブケア(支持医療)」です。手術や放射線、薬物療法をはじめとする、がんを治すための医療と車の両輪の関係にあります。この連載では、がんに伴う痩せの悩みや、治療に伴う副作用、痛みや心のケアなど、がんのサポーティブケアが関わるテーマについて月替わりで専門家にインタビューし、研究の最前線や患者・家族らへのアドバイスについて伺います。

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】