文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

思春期の子どもを持つあなたに 関谷秀子

 小学校高学年になると、男の子にも女の子にも思春期がやってきます。性ホルモンの影響を受け、心も体も大きく成長すると同時に、それまでのようには親と共有できないことも増えていきます。この世代が抱えやすい学校や家庭内の悩みは、無気力や不登校、引きこもりなどの引き金になることもあります。思春期の繊細な子どもに、親はどう向き合っていけばいいのか。法政大学教授で精神科医の関谷秀子さんが、豊富な臨床経験からお伝えします。

2 / 3

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】