文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

思春期の子どもを持つあなたに

第3部 摂食障害(上) 中2女子、親から受け継いだ「価値観の書き換え」が進まない

 「拒食症」と「過食症」――。両極端の症状が認められる摂食障害は、男性よりも女性に多く発症します。自分の外見を気にし始める思春期の女の子にも多く見られます。「やせたい願望」が高まって、過剰なダイエットや運動に走ってし…

つづきを読む

第2部「うつ状態」(上)両親の確執にさらされ、学校でも無気力…目標見失って引きこもりに

 青白い顔で「気力が出ない。何もしたくない」と前回触れたように、子どもの中学生時代を「初期思春期」と呼ぶ。親離れが始まることで、家庭内で培われてきた価値観が、仲間との関係を通じて自分の新しいものへと作り変わっていく。その…

つづきを読む

1 / 1

shisyunki-prof200

せきや・ひでこ
精神科医、子どものこころ専門医。法政大学現代福祉学部教授。初台クリニック(東京・渋谷区)医師。前関東中央病院精神科部長。

コラム一覧