文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

渡辺専門委員の「しあわせの歯科医療」

 口は食べたり味わったりするだけではなく、話をしたり、笑ったり、表情も演出します。その口の中の細菌や歯周病の炎症は、糖尿病や脳血管に悪影響を与え、肺炎や認知症などの病にも関係することが分かってきました。お口の衛生はまさに健康管理の柱の一つ。もう一歩先を言えば、健康の目的はしあわせな人生でしょう。そこで「しあわせの歯科医療」について、渡辺勝敏専門委員が、医療記者として、自分自身の歯で悩む当事者として考えます。

矯正、インプラント、歯周病、入れ歯……新しくできる専門医制度は歯科医選びの決定版になるか?

 みなさんはどのように歯科医院を選んでいますか?「自宅や勤務先の近くにある」「口コミがいい」「最新の技術や設備」……といったところでしょうか。歯科の学会などが作った「日本歯科専門医機構」という団体が今年3月から、新た…

つづきを読む

1 / 2

★【完成版】しあわせの歯科医療2 300-300

渡辺勝敏(わたなべ・かつとし)
読売新聞記者(メディア局専門委員)。1985年入社。 秋田支局、金沢支局、社会部を経て97年から医療を担当。2004年に病院ごとの治療件数を一覧にした「病院の実力」、2009年に医療健康サイト「ヨミドクター」を立ち上げた。歯科については歯茎や歯根があやしくなってきた10年来、患者としても関心を持たざるを得なくなっている。立命館大学客員教授。

コラム一覧