文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

なが~く、楽しくお酒と付き合うために

 おいしいお酒も、飲み方次第。人生を狂わせる敵にもなります。お酒を長く、楽しく味わうためには、まず「敵を知る」ことです。長年、アルコール依存の治療に携わり、自らもお酒を愛する精神科医の重盛憲司さんが、上手なお酒との付き合い方を伝授します。

1 / 1

shigemori_prof

重盛憲司(しげもり・けんじ)

心療内科・精神科医 1952年、長野県生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室を経て、国立療養所久里浜病院(現・国立病院機構久里浜医療センター)にてアルコール依存症などの治療に携わる。また、厚生省(当時)でアルコール関連問題対策を担当。一方、自身では長年にわたり様々なお酒を愛飲。クラフトビールやシングルモルトウイスキーが近年のマイブーム。趣味は学生時代から続けるアイスホッケーと、自宅近くのマリーナからヨットで海に出ること。現在は洗足メンタルクリニック院長。テレビ番組の出演多数。

コラム一覧