文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

精子から見た不妊治療

 「〇〇を飲めば精子が増える」「精巣にはブリーフよりもトランクスがいい」……。男性不妊や精子にまつわる身近な情報には、真偽のはっきりしないものがあふれています。昨年、「 精子に隠された『不都合な真実』 」を連載した精子研究チームが、精子をめぐる様々な誤解を解きながら、不妊治療に「できること」「できないこと」を解説します。

1 / 2

seishi-funin

精子から見た不妊治療

兼子 智(かねこ・さとる)
東京理科大大学院、慶應大大学院修了。薬学博士、医学博士。東京歯科大市川総合病院産婦人科非常勤講師


黒田 優佳子(くろだ・ゆかこ)
慶應大医学部卒、同大学院修了。医学博士。「黒田インターナショナル メディカル リプロダクション」院長


萩生田 純(はぎゅうだ・じゅん)
慶應大医学部卒。博士(医学)。東京歯科大市川総合病院泌尿器科講師


中川 健(なかがわ・けん)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院副院長、泌尿器科部長、副リプロダクションセンター長


高松 潔(たかまつ・きよし)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院産婦人科部長、リプロダクションセンター長

過去コラムはこちら

精子に隠された「不都合な真実」

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】