文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

「教えて!ドクター」の健康子育て塾

 突然、熱を出したり、痛がったり、けがをしたり……そんなとき、まず何をしたらいいの? アレルギーや感染症への対策は? 発育の悩みはどこに相談すればいい?……そうした疑問に、「教えて!ドクター」プロジェクトの活動に取り組む佐久総合病院佐久医療センターの小児科医、坂本昌彦さんがアドバイス。幼い子どもを育てる親御さんに、安心を届けます。

1 / 3

20190204-msakamoto-prof200

坂本昌彦(さかもと・まさひこ)

 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
 2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】