文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

「教えて!ドクター」の健康子育て塾

4月から入園&職場復帰したが、発熱で連日呼び出し…集団生活の「通過儀礼」に親子で備えるには?

4月から保育園 職場復帰したが、発熱で連日呼び出し…集団生活の「通過儀礼」に親子で備えるには?

 4月になりました。幼稚園、保育園に通い始めているお子さんも多いかと思います。それに合わせ、育児休業明けで職場復帰される保護者の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。私の診察室にも、入園したばかりのお子さんがち…

つづきを読む

おねしょの悩み(下)治療は小学1年生頃から、薬やアラーム使用…叱らずほめて治そう

 多くの子どもが、夜尿を「自分の過ち」だと思っています。しかし、それは、寝ている間、全く本人の記憶にないところで起きています。尿意を感じられないのが原因ですので、当然、本人の責任ではありません。わざとしているわけではない…

つづきを読む

おねしょの悩み(上)「クラブ合宿」「修学旅行」どうしよう…心配しないで、「うちの子だけ」ではありません!

 長野県佐久市では、定期的に小児科医が保育園を巡回し、保護者向けに小児医療の情報などを提供する出前講座を行っています。講座が終わった後に質問を受け付けているのですが、時々、お母さんからこっそり、こんな相談をされることがあ…

つづきを読む

1 / 1

20190204-msakamoto-prof200

坂本昌彦(さかもと・まさひこ)
 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
 2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。

コラム一覧