文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」

 リズムネタ「あるある探検隊」でおなじみのお笑いコンビ・レギュラーの2人は、介護職員初任者研修とレクリエーション介護士2級の資格を持ち、介護施設などを訪問しています。どうしたら、お年寄りたちを笑わせられるのか……。試行錯誤の日々を語ります。

1 / 2

regular_prof

レギュラー

 お笑いコンビ よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
松本 康太と 西川 晃啓(ともに1979年、京都府生まれ)が、98年4月に結成。リズムネタ「あるある探検隊」で一躍ブレイクした。現在は、劇場を中心に活動する実力派漫才コンビ。2014年に「介護職員初任者研修」、17年に「レクリエーション介護士2級」の資格を取得。老人ホーム、デイサービスなどに出向いてレクリエーション介護を行い、福祉イベント、介護フェアでも活動。講演会「お笑い×介護=健康」で、若者たちにも介護現場の実情を伝えている。詳しくは、レギュラー松本のインスタグラム、レギュラー西川のツイッターで。「お仕事の依頼はよしもとクリエイティブ・エージェンシーまで!」

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】