文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

 「する」「みる」「支える」のどの立場にあっても、スポーツは生活を彩り豊かにしてくれます。しかし、スポーツにけがはつきもの。けがを予防し、笑顔で楽しむために必要なスポーツ医学の知識を、整形外科医の大関信武さんが伝えます。

 当コラム「スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす」が、東京オリンピック・パラリンピックに向けた「東京2020参画プログラム」に認証されました。

「いだてん」を見て走り始めたけど、膝が痛くなった…治療と再発防止のカギは?

 NHKの大河ドラマ「いだてん」の主人公、金栗四三(かなくり・しそう)は、日本が初参加したオリンピック・ストックホルム大会のマラソンに出場した選手です。今から100年以上前のオリンピックに参加する様子や、箱根駅伝の開催に…

つづきを読む

腰痛「前かがみで痛い」と「反らして痛い」は原因が違う…けがをしない体作りのために

 イチロー選手の引退会見は、世界中が見守りました。これまで打ち立ててきた数々の記録も素晴らしいですが、45歳という年齢まで大きなけがをせず、トップアスリートで活躍しつづけるということ自体、稀有(けう)な能力を持ち合わ…

つづきを読む

体重減らせばタイムは上がるが…10代女性の食事制限は生涯のリスク 危ない指導は「鉄剤注射」だけじゃない!

 最近、陸上長距離選手における鉄剤注射の問題が話題になっています。しかし、女性とスポーツに関する問題は、鉄剤注射の話だけではありません。陸上長距離では体重の軽い方が有利なため、食事制限が行われていることもありますが、行き…

つづきを読む

1 / 3

Ozeki-7-pro

大関信武(おおぜき のぶたけ)

整形外科医・博士(医学)
一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。
2002年滋賀医科大学を卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。横浜市立大学付属病院、横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学研究員などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。現在、東京医科歯科大学付属病院スポーツ医学診療センター、八王子スポーツ整形外科などで診療。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。野球、空手、ラグビーなどを通じて、アキレス腱断裂、野球肘、肩関節脱臼、足関節靱帯損傷、骨折(鼻骨、手首、下腿)など自身が豊富なケガの経験を持つ。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

コラム一覧