文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

陽子のシネマ・クローゼット

英国の気品が漂うラブストーリー ポリオ患者と妻の「初めて物語」…『ブレス しあわせの呼吸』

英国の気品が漂うラブストーリー ポリオ患者と妻が紡ぐ「初めて物語」…『ブレス しあわせの呼吸』

 プロデューサーの両親の実話映像の美しさとイギリスらしいウィットとセンスがちりばめられた『ブレスしあわせの呼吸』(2017年)は、『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス:ゴールデン・エイジ』など、数多くの映画製…

つづきを読む

「悪魔つき」といわれた病気から若き女性記者を救ったのは…『彼女が目覚めるその日まで』

 シャーリーズ・セロンがプロデュース憧れのニューヨークで、仕事も恋も幸せの絶頂にいる若い女性記者が、ある日突然、原因不明の病に侵されて人格を奪われ、正気と狂気の間をさまよう――。『彼女が目覚めるその日まで』は、医師から見…

つづきを読む

1 / 1

ogawa_yoko_prof

小川陽子(おがわ・ようこ)
 東京生まれ。日本医学ジャーナリスト協会副会長。国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム修士課程修了。医療ジャーナリスト、医療映画エッセイストとして活動。“シニアによるヒップホップダンスへの挑戦”というテーマで話題になったドキュメンタリー映画『はじまりはヒップホップ』(2016年)のメンバー(平均年齢83歳)を日本に招き、湖山医療福祉グループ・カメリア会の特別養護老人ホームで交流イベントを行うなど、映画のイベントプロデュースも手がける。高齢者住宅新聞で、「ヘルスケア×カルチャー 変貌する医療と福祉」連載中。 

コラム一覧