文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

子どもの入浴時間に合わせて帰る若手、中高年社員との世代間ギャップ、どうする

 31歳の中川和男さん(仮称)は社内で実施されたストレスチェックを受検。初めて「高ストレス」と判断され、悩みと興味もあったので産業医面談に訪れました。また、彼は知らなかったのですが直属上司の課長も「高ストレス」で、若手社…

つづきを読む

「分かったフリ」「指導したフリ」、増加する「フリフリ症候群」にどう対処する?

 会社で行われるストレスチェックで「高ストレス」とされ、面談に訪れた総務部の野村さん(仮名)は新入社員です。彼の訴えは、教育を担当する6年先輩の武田さん(同)との葛藤です。彼は分からない点について、質問できなくなってしま…

つづきを読む

「なぜ上司と次々うまくいかないのか」、カウンセリングでみえた「置き換え」という理由

 人間関係がうまくいかない原因を考える前回のコラムでは、多くの人が直面する人間関係に伴う「対人ストレス」に対処する方法として、「ヤマアラシのジレンマ」というキーワードを使い、相手との適度な距離感を探る方法を紹介しました…

つづきを読む

1 / 2

natsume-prof

夏目誠(なつめ・まこと)
 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会前理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。ブログ「ストレス点数の夏目」はこちら

コラム一覧