文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

中川恵一「がんの話をしよう」

 日本人男性の3人に2人、女性でも2人に1人が経験する「がん」。誰にとっても無縁な病ではありません。この難敵と向き合うには、まず「敵を知る」ことから。がん治療一筋の専門医、東京大学准教授の中川恵一さんが、知っておきたいがんの最新知識を伝えます。

1 / 2

nakagawa-keiichi

中川 恵一(なかがわ・けいいち)

 東京大学医学部附属病院放射線科准教授、放射線治療部門長。
 1985年、東京大学医学部医学科卒業後、同学部放射線医学教室入局。スイスPaul Sherrer Instituteへ客員研究員として留学後、社会保険中央総合病院(当時)放射線科、東京大学医学部放射線医学教室助手、専任講師を経て、現職。2003~14年、同医学部附属病院緩和ケア診療部長を兼任。患者・一般向けの啓発活動も行い、福島第一原発の事故後は、飯舘村など福島支援も行っている。

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】