文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

「朝早く目覚めて二度寝できない」「夜中に何度もトイレに」…加齢とともに出てくる睡眠への不満 治療が必要なケースとは?

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。年を取るとともに眠りが浅くなったり、早朝に目覚めたりと、不眠で悩む方が増えます。今回は、こうした…

つづきを読む

睡眠不足と週末寝だめで陥る「社会的時差ぼけ」 4時間のズレはパキスタン往復と同じ負担…糖尿病、うつのリスクも

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。今回は「社会的ジェットラグ」を取り上げます。ジェットラグとは時差ぼけのこと。社会的ジェットラグと…

つづきを読む

1 / 1

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

コラム一覧