文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

 最近、よく眠れていますか? 睡眠は、健康状態だけでなく、仕事や勉強にも大きな影響を与えます。24時間化した社会で生活のリズムを失いがち――そんな現代人に、睡眠専門医の三島和夫さんが、目からウロコのアドバイスを送ります。

受験生必読! 勉強後、睡眠を挟んだほうが好成績…寝る間を惜しむと記憶は不安定に

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。楽しかった正月も終わり、いよいよ受験シーズンです。受験生の皆さんは寝食の時間を惜しんで頑張っ…

つづきを読む

「何時間も寝つけない」「夜中に目覚めてから一睡も」、でも実際は…不眠患者に多い「睡眠状態誤認」 睡眠薬は逆効果も

「何時間も寝つけない」「夜中に目覚めてから一睡も…」、でも実際は…不眠患者に多い「睡眠状態誤認」 睡眠薬は逆効果も

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。本コラムでは何度も不眠を取り上げてきました。不眠に悩む方は多く、睡眠障害の中でも、不眠症は最も…

つづきを読む

心配事は解決したのに眠れない「慢性不眠症」 早寝、長寝の心がけは逆効果です!

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。誰しも一度や二度は、眠れぬ夜を過ごしたことがあるはず。でも、心配事が解決すれば、いつの間にか元…

つづきを読む

「睡眠薬を飲んでも眠れない」は服用時刻に問題あり!?…「腕時計」よりも「体内時計」に従って

 こんにちは。精神科医で睡眠専門医の三島和夫です。睡眠と健康に関する皆さんからのご質問に科学的見地からビシバシお答えします。不眠に悩んでいる人は、「もう○時だから寝なければ!」「△時なのに眠気が来ない……」などと、眠…

つづきを読む

1 / 2

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

コラム一覧