文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療・健康・介護のコラム

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

 最近、よく眠れていますか? 睡眠は、健康状態だけでなく、仕事や勉強にも大きな影響を与えます。24時間化した社会で生活のリズムを失いがち――そんな現代人に、睡眠専門医の三島和夫さんが、目からウロコのアドバイスを送ります。

1 / 3

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

コラム一覧

【病気・けが】

【女性・男性・子育て】

【患者・看護】

【介護・シニア】

【こころ】

【目・歯】

【健康・くらし】

【インタビュー・その他】